阿南の夏まつり7/20~22(日程・時間・・・)

阿南の夏まつり2018は2018年7月20日~22日に行われます。阿南の夏まつり2018では開幕パレード・ステージイベント・阿波おどり大会・花火大会などが行われます。阿波おどり大会では市内外の有名連や企業連による競演が行われます。花火大会ではスターマイン・「あななん」の形をした花火など約2,000発が夜空を彩ります。

【阿南の夏まつり2018 日程・時間(要確認)】
阿南の夏まつり2018は2018年7月20日~22日に行われます。

【阿南の夏まつり2018 アクセス・マップ】
場所・・・徳島県阿南市・富岡商店街一円

*JR牟岐線・阿南駅

広告

【阿南の夏まつり2018 概要】
阿南の夏まつり2018では開幕パレード・ステージイベント・阿波おどり大会・花火大会などの様々なイベントが行われます。阿波おどり大会では市内外の有名連や企業連による阿波踊りの競演が行われます。花火大会ではお祭りのフィナーレにスターマイン・ミュージック花火・「あななん」の形をした花火など約2,000発の花火が夜空を彩ります。

●阿南の夏まつり2018 日程・スケジュール(要確認)
7月20日~22日
17:00~22:00

7月22日
20:00~21:00・・・花火大会

*参考・・・阿南の夏まつり2018日程

【阿南の夏まつり 歴史・簡単概要】
阿南の夏まつり(あなんのなつまつり)は富岡町の天神祭りに阿波踊り・協賛行事などを取り入れて発展したそうです。阿南の夏まつりは毎年7月下旬頃に行われ、阿南市の夏の風物詩とも言われています。阿南の夏まつりでは開幕パレード・ステージイベント・阿波おどり大会・花火大会などの様々なイベントが行われています。なお阿南の夏まつりは阿南の夏まつり実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・阿南の夏まつり

【阿南市 歴史・簡単概要】
阿南の夏まつりが行われる阿南市(あなんし)は徳島県南東部に位置しています。阿南市は小松島市・勝浦町・那賀町・美波町に接しています。阿南市は剣山(つるぎさん)山系の標高約1,930メートルの次郎笈(じろうぎゅう)を源とし、延長約125キロで徳島県内一長い河川である一級河川・那賀川(なかがわ)下流域に位置し、西側に標高約618メートルの太竜寺山(たいりゅうじやま)などの四国山地があり、南側に太平洋が広がり、東部を紀伊水道に面し、市内を那賀川水系の支流で一級河川・桑野川(くわのがわ)が貫流しています。ちなみに紀伊水道に面し、島の多さから阿波の松島とも言われる橘湾(たちばなわん)は古くから阿波水軍(あわすいぐん)の根拠地で、風待ち港として利用されたていました。また蒲生田岬にある椿泊(つばきどまり)には阿波水軍の伝説が多く残されています。阿南市では中心地区で、那賀川河口に立地する富岡が天正年間(1573年~1592年)に阿波徳島藩の藩祖・蜂須賀家政(はちすかいえまさ)が設けた阿波九城(あわくじょう)に数えられる牛岐城(うしきじょう・富岡城)の城下町になり、江戸時代に商業の中心地に発展しました。ちなみに牛岐城は牛岐の地名が富岡と改められたことによって富岡城と言われるようになり、1638年(寛永15年)の一国一城令によって廃城になりました。阿南市では那賀川下流の低地で米作が行われ、竹林が多いことからタケノコが全国一の生産量を記録したことがあります。阿南市では古くからタケノコを産し、江戸時代に京阪神に出荷していたそうです。ちなみに阿南市は蛍光体や発光ダイオードでも国内外の一大生産地だそうです。なお阿南市は1958年(昭和33年)に市制が施行されました。
*参考・・・阿南市・阿南の夏まつり阿南市・阿南の夏まつりwikipedia

【阿南の夏まつり2018 備考】
*お祭り・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る