美人林(紅葉見ごろ・アクセス・・・)・新潟紅葉名所

美人林

美人林(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。美人林は新潟の紅葉名所です。美人林の紅葉見ごろは例年11月上旬頃~11月中旬頃です。美人林では案内人による体験ツアーが行われたり、冬季にスノーシューによる散策ツアーが行われたりすることがあるそうです。(要確認)駐車場の直売所では地元の農家の野菜などが販売されているそうです。(要確認)

【美人林 アクセスマップ】
場所・・・新潟県十日町市松之山松口

【美人林 アクセス・交通】
*北越急行まつだい駅から東頸バスの場合、堺松バス停(徒歩約20分)

【美人林 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【美人林 時間(要確認)】

【美人林 料金(要確認)】


【美人林 歴史・簡単概要】
美人林(びじんばやし)は新潟県十日町市松之山松口にあります。美人林は面積約3万平方メートルの丘陵地帯(松之山の一角)に樹齢約100年のブナの木が生い茂っています。美人林の名称はブナの立ち姿がとても美しいことに由来しています。美人林は大正時代末期または昭和初期にブナを木炭にする為、ブナが一度全て伐採されて裸山になりました。しかし翌年にブナの若芽が一斉に吹き出し、ブナ林が野鳥の生息地として見直されて保護されるようになりました。ちなみに高度成長期にスギ林への転換も免れたそうです。美人林では春に残雪の中で若葉が芽吹き、夏に濃い緑に包まれます。美人林は夏周辺よりも2度程気温が低く、吹き抜ける風が爽やかとも言われています。美人林は秋にブナの葉が黄色・オレンジ・赤色に葉が染まり、絵画のような美しさとも言われています。美人林は冬に銀世界へと変化し、初春に幹の回りが丸く溶ける根開き(ねあき)が現れます。美人林ではオオアカゲラ・アカショウビン・チゴモズ・キビタキなどの野鳥を観察することもあるそうです。美人林では駐車場に直売所が設けられ、地元の農家の野菜などが販売されることもあるそうです。(要確認)なお美人林の入口には十日町市立里山科学館・越後松之山「森の学校」キョロロがあり、展示や体験イベントを行っています。また美人林に隣接して里山保全地域「キョロロの森」も整備されています。
十日町市(とおかまちし)は新潟県南部(中越地方)に位置しています。十日町市は新潟県の長岡市・上越市・柏崎市・小千谷市・魚沼市・南魚沼市・津南町・湯沢町、長野県の栄村に接しています。十日町市は一級河川・信濃川(しなのがわ)中流域に位置し、十日町盆地にあり、信濃川やその支流である渋海川(しぶみがわ)・清津川(きよつがわ)などが流れ、南部に日本三大渓谷に数えられる清津峡・西部に日本三大薬湯に数えられる松之山温泉があります。十日町市は中心市街地が十日町盆地の中心に位置するが、日本有数の豪雪地帯で特別豪雪地帯に指定されています。十日町市は河岸段丘から旧石器時代の石器類が出土し、縄文時代中期の笹山遺跡(ささやまいせき)があり、古くから人が住んでいたとも言われています。十日町市は江戸時代に高田藩の魚沼八組の割元町として栄え、江戸時代中期に会津藩の預領となって陣屋町として繁栄しました。また十日町市は古くから手機 (てばた) が発達して麻織物の集散地としても発展し、江戸時代中期に魚沼地方産の小千谷縮(おぢやちぢみ)の四大市場の一つになり、手織縮を集散する問屋町になりました。十日町市は魚沼産コシヒカリの産地としても知られています。
*参考・・・美人林(アクセス・歴史・・・)美人林(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【美人林 見どころ・文化財】
美人林の見どころは美人林の紅葉です。美人林の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月上旬頃~11月中旬頃です。紅葉の見ごろにブナなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【美人林 連絡先(要確認)】
電話番号・・・025-597-3442(松代・松之山温泉観光案内所)

【美人林 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
新潟紅葉名所・新潟紅葉見ごろ

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る