カテゴリー:中国四国

  • 瀬戸川渓谷

    瀬戸川渓谷(紅葉見ごろ2021遅め・・・)高知紅葉名所

    瀬戸川渓谷・高知紅葉名所。瀬戸川渓谷の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。瀬戸川渓谷一帯ではえめらるどの池・ぶらぶら橋・蛇渕の滝(じゃぶちのたき)・であいの展望台・もみじ街道・アメガエリの滝・盆栽岩の順に紅葉スポットを巡るといいとも言われています。
  • 一ノ谷渓谷・寒風山

    一ノ谷渓谷・寒風山(紅葉見ごろ2021遅め・・・)高知紅葉名所

    一ノ谷渓谷・寒風山・高知紅葉名所。一ノ谷渓谷・寒風山の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。寒風山は山頂から笹ヶ峰・ちち山・冠山(かんむりやま)・筒上山(つつじょうざん)・伊予富士(いよふじ) 、そして瀬戸内海・太平洋などを眺めることができます。
  • 岩屋寺

    岩屋寺(紅葉見ごろ2021遅め・・・)愛媛紅葉名所

    岩屋寺・愛媛紅葉名所。岩屋寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。岩屋寺では高さ約60~70メートルの礫岩峰が連立して巨大な岩壁が続き、国の名勝に指定されています。水の浸食にって剥きだしになった礫岩には無数の穴があり、岩肌にイワマツ・セッコク・ウチョウランなどが自生しています。
  • 瓶ヶ森

    瓶ヶ森(紅葉見ごろ2021遅め・・・)愛媛紅葉名所

    瓶ヶ森・愛媛紅葉名所。瓶ヶ森の紅葉見ごろは例年10月上旬頃~10月中旬頃です。瓶ヶ森では山頂から氷見二千石原(ひみにせんごくばら)の向こうに石鎚山(いしづちさん)、北側に瀬戸内海、南側に幾重にも重なる四国山地の山々や土佐湾を眺めることができ、四国のパノラマ台とも言われています。
  • 西山興隆寺

    西山興隆寺(紅葉見ごろ2021遅め・・・)愛媛紅葉名所

    西山興隆寺・愛媛紅葉名所。西山興隆寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃~12月中旬頃です。西山興隆寺は高縄山(たかなわさん)山系東麓の標高100~300mに位置し、周囲の山々に溶け込んでいます。山内にはカエデ・ハゼなどが分布し、「もみじの西山興隆寺」とも言われています。
  • 滑床渓谷・雪輪の滝

    滑床渓谷・雪輪の滝(紅葉見ごろ2021遅め・・・)愛媛紅葉名所

    滑床渓谷・雪輪の滝・愛媛紅葉名所。滑床渓谷・雪輪の滝の紅葉見ごろは例年11月上旬頃~11月下旬頃です。滑床渓谷には渓谷沿いに長さ約12キロの遊歩道が整備され、紅葉とウォーキング・散策を楽しむことができます。紅葉の見ごろには一面に紅葉した大自然の中を楽しめます。
  • 鈍川渓谷

    鈍川渓谷(紅葉見ごろ2021遅め・・・)愛媛紅葉名所

    鈍川渓谷・愛媛紅葉名所。鈍川渓谷の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。鈍川渓谷では渓谷沿いに車道が整備され、紅葉と渓谷美・ドライブを楽しむことができます。また鈍川渓谷では渓谷沿いに遊歩道も整備され、紅葉と渓谷美・ウォーキング・散策を楽しむことができます。
  • 雲辺寺

    雲辺寺(紅葉見ごろ2021遅め・・・)徳島紅葉名所

    雲辺寺・徳島紅葉名所。雲辺寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。雲辺寺には山内に約500本のモミジやイチョウが分布し、紅葉とウォーキング・散策を楽しむことができます。雲辺寺は四国八十八箇所霊場中で最も標高が高い位置にあり、山麓から山頂までロープウェイが運行されています。
  • 箸蔵寺

    箸蔵寺(紅葉見ごろ2021遅め・・・)徳島紅葉名所

    箸蔵寺・徳島紅葉名所。箸蔵寺の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。箸蔵寺にはモミジだけでなく、寒桜も植えられ、紅葉と寒桜が一緒に楽しめる場合もあります。また早めの雪が降ると紅葉・寒桜・雪が楽しめます。箸蔵寺では山麓から方丈脇まで箸蔵山ロープウェイが運行されています。
  • 大寧寺

    大寧寺(紅葉見ごろ2021遅め・・・)山口紅葉名所

    大寧寺・山口紅葉名所。大寧寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~12月上旬頃です。大寧寺では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップが行われます。(要確認)大寧寺には大内氏第16代当主・大内義隆が顔を映して最期を悟ったとも言われる姿見の池・かぶと掛けの岩などがあります。

広告

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る