越前みなと大花火7/14(日程・時間・・・)

(最新確認中)越前みなと大花火2018(越前夏まつり)は2018年7月14日に行われます。越前みなと大花火2018は「酔焔(すいえん) 今夜だけでも・・・」をテーマに30分間に10号芸術花火・最大直径300メートルの水中大玉10連発・20号玉など約10,000発以上の花火が夜空を彩ります。なお越前みなと大花火では盆踊り大会が行われたり、越前のおいしい屋台が立ち並んだりします。

【越前みなと大花火2018 日程時間(要確認)】
越前夏まつり2018・・・2018年7月14日(土曜日)20:00~20:30(小雨決行・荒天延期7月16日)

【越前みなと大花火2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・福井県丹生郡越前町・道口越前漁港広場

*JR武生駅からかれい崎行きバス・道口バス停下車
●駐車場・シャトルバス予定

広告

【越前みなと大花火2018 概要(種類・規模)】
越前みなと大花火2018(越前夏まつり)は「酔焔(すいえん) 今夜だけでも・・・」をテーマに30分間に10号芸術花火・最大直径300メートルの水中大玉10連発・20号玉など約10,000発以上の花火が夜空を彩ります。なお越前みなと大花火では盆踊り大会が行われたり、越前のおいしい屋台が立ち並んだりします。
●10号玉・・・直径約29.5センチ・重さ約8.5キロで、尺玉(1尺玉)とも言われています。10号玉は一般的に東京タワーとほぼ同じ高さの約330メートルまで打ち上げられ、直径約320メートルにも広がるそうです。
●20号玉・・・直径約59センチ・重さ約70キロです。20号玉は一般的に約500メートルまで打ち上げられ、直径約480メートルにも広がるそうです。

有料席・・・なし
*参考・・・越前みなと大花火2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【越前みなと大花火 歴史・簡単概要】
越前みなと大花火(えちぜんみなとおおはなび)は福井県で一番最初に開催される夏の花火大会とも言われています。越前みなと大花火は越前夏まつりのフィナーレに行われます。なお越前みなと大花火は越前みなと大花火実行委員会が主催し、越前町・福井新聞社・NHK福井放送局・FBC福井放送・福井テレビ・丹南ケーブルテレビ・福井県観光連盟・越前町観光連盟・越前町商工会・越前町漁業協同組合・JA越前丹生越前支店が後援して行われています。
*参考・・・越前みなと大花火越前みなと大花火wikipedia

【越前町 歴史・簡単概要】
越前みなと大花火が行われる越前町(えちぜんちょう)は福井県の中西部(嶺北地方)に位置しています。越前町の名称は全国的に知られる越前ガニ・越前ウニの産地で、越前岬があることに由来しているそうです。越前町は清水町・越廼村が福井市に編入したことから越前町だけで丹生郡(にゅうぐん)を構成しています。越前町は越前加賀海岸国定公園に含まれる越前岬にあり、西側を日本海に面し、福井市・鯖江市・越前市・南越前町に接しています。日本海に面した越前海岸は海岸段丘や切り立った断崖が多く、比較的天然の良港は少ないそうです。越前町は越前ガニなどの漁業だけでなく、古くから越前焼の産地で、多くの窯元があります。ちなみに越前焼は釉薬(ゆうやく)を使わずに高温で焼成され、薪の灰による自然釉が魅力だそうです。なお越前町は1955年(昭和30年)に四ヶ浦町と城崎村が合併して越前町になりました。
*参考・・・越前町・越前みなと大花火越前町・越前みなと大花火wikipedia

【越前みなと大花火2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る