愛蔵寺の護摩桜(桜見ごろ2022早め・・・)福島桜名所

愛蔵寺の護摩桜

愛蔵寺の護摩桜(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。愛蔵寺の護摩桜は福島の桜名所です。愛蔵寺の護摩桜の桜見ごろは例年4月中旬頃~4月下旬頃です。愛蔵寺の護摩桜は推定樹齢300年とも言われるベニヒガンザクラ(紅彼岸桜)の一種す。愛蔵寺の護摩桜は樹高約9.8メートル・胸高周囲3.3メートル・根元周囲4.4メートルです。

【愛蔵寺の護摩桜 アクセスマップ】
場所・・・福島県二本松市戸沢細田10

【愛蔵寺の護摩桜 アクセス・交通】
*二本松IC(車40分)

【愛蔵寺の護摩桜 アクセス・駐車場】
駐車場不明

【愛蔵寺の護摩桜 時間(要確認)】

【愛蔵寺の護摩桜 料金(要確認)】

広告

【愛蔵寺の護摩桜 歴史・簡単概要】
愛蔵寺の護摩桜(あいぞうじのごまざくら)は福島県二本松市戸沢細田にあります。愛蔵寺の護摩桜は旧岩代町(いわしろまち)と旧東和町(とうわまち)の境にあり、東和地域の最高峰である標高約897.1メートルの羽山(はやま・麓山(ふもとやま))山麓に建立されている愛蔵寺の本堂前庭に植えられています。ちなみに羽山(麓山)は円錐形の山で、古くから信仰の山とされています。羽山からは気象条件がよい日には富士山を眺めることができ、富士山が見える最北端の山とも言われています。また羽山では春に山つつじ・レンゲつつじ・スズランなどを楽しむこともできます。更に羽山山麓は羽山りんごの生産地で、春にリンゴの白い花も咲くそうです。愛蔵寺はかつて羽山中腹にあり、創建以来2度火災に見舞われ、ある火災の際に秘密護摩礼が空中に飛来して桜の枝に留まったことから「愛蔵寺の護摩桜」と言われるようになりました。また現在の場所に移って以来、愛蔵寺の護摩桜は樹姿・花の量が変わらないことから「育たぬ桜」とも言われています。愛蔵寺の護摩桜は推定樹齢300年とも言われるベニヒガンザクラ(紅彼岸桜)の一種す。愛蔵寺の護摩桜は樹高約9.8メートル・胸高周囲3.3メートル・根元周囲4.4メートルです。愛蔵寺の護摩桜は地面に接するほど枝を垂らし、紅色の花を咲かせます。愛蔵寺には境内にミズバショウ(水芭蕉)も分布しています。なお愛蔵寺の護摩桜は1980年(昭和55年)8月29日に旧東和町の天然記念物に指定されました。
二本松市(にほんまつし)は福島県北東部(中通り北部)に位置しています。二本松市は福島市・郡山市・田村市・本宮市・浪江町・葛尾村・川俣町・大玉村・猪苗代町に接しています。二本松市は東側の阿武隈山地(あぶくまさんち)と西側の奥羽山脈(おううさんみゃく)に挟まれた福島盆地南部に位置し、標高約1,728メートルの安達太良山(あだたらやま)東麓にあり、東側に宮城県南部から茨城県北部に広がっている阿武隈高地(あぶくまこうち)があり、中央部を阿武隈川(あぶくまがわ)が北流しています。二本松市は室町時代の1414年(応永21年)に畠山氏7代当主・二本松満泰(にほんまつみつやす)が白幡ヶ峯(しらはたがみね)に霞ヶ城(かすみがじょう・二本松城)を築城するとその城下町になり、江戸時代に二本松藩・丹羽氏の城下町として栄えました。ちなみに二本松市では日本最大級の菊人形展・二本松の菊人形が行われ、菊の城下町とも称されています。二本松市は1873年(明治6年)に東北地方初の製糸工場が建設されました。二本松市は古くから酒造が盛んで、福島県内で会津と並んで日本酒酒造メーカーが多くあります。
*参考・・・愛蔵寺の護摩桜(アクセス・歴史・・・)

【愛蔵寺の護摩桜 見どころ・文化財】
愛蔵寺の護摩桜の見どころは愛蔵寺の護摩桜です。愛蔵寺の護摩桜の桜見ごろは例年4月中旬頃~4月下旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【愛蔵寺の護摩桜 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0243-66-2490(東和観光協会)

【愛蔵寺の護摩桜 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
福島桜名所・福島桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る