函館港花火大会7/15(日程・時間・・・)

(最新確認中)函館港花火大会2018は2018年7月15日に行われます。函館港花火大会2018では約600メートルをカバーする広域サウンドシステムにより、陸上と洋上からパノラマスターマイン・デジタルリンクのワイドスターマイン・水中発射花火・洋上スターマイン・趣向を凝らした創作花火など約3,000発の花火が夜空を彩ります。

【函館港花火大会2018 日程時間(要確認)】
函館港花火大会2018・・・2018年7月15日(日曜日)19:45~20:45(小雨決行・荒天延期7月16日)

【函館港花火大会2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・北海道函館市・緑の島

*JR函館駅
●駐車場なし

広告

【函館港花火大会2018 概要(種類・規模)】
函館港花火大会2018では約600メートルをカバーする広域サウンドシステムにより、函館港の地の利を最大限に活かした陸上と洋上から名曲に乗せて、パノラマスターマイン・デジタルリンクのワイドスターマイン・水中発射花火・洋上スターマイン・趣向を凝らした創作花火など約3,000発の花火が夜空を彩ります。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・函館港花火大会2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【函館港花火大会 歴史・簡単概要】
函館港花火大会(はこだてこうはなびたいかい)は1995年(平成7年)の「海の日」制定を記念して始まりました。函館港花火大会は第20回目を超える歴史ある花火大会です。函館港花火大会は例年7月に行われ、函館に夏到来を告げる花火大会とも言われています。函館港花火大会は函館港の地の利を最大限に活かした花火大会です。なお函館港花火大会は函館新聞社が主催して行われています。
*参考・・・函館港花火大会

【函館市 歴史・簡単概要】
函館港花火大会が行われる函館市(はこだてし)は北海道の南西部に位置しています。函館市の名称は元々アイヌ語で湾の端を意味する「ウスケシ(宇須岸)」だったが、1454年(享徳3年)に津軽の豪族・河野政通(こうのまさみち)が館を築き、その形が箱に似ていることから「箱館」と言われるようになり、1869年(明治2年)に蝦夷地が北海道、箱館も函館に改められました。函館市はかつて北海道内で1番人口が多かったが、現在は札幌市・旭川市に次いで3番目に人口が多い都市です。函館市は北海道の北斗市・七飯町・鹿部町、海を隔てて青森県の大間町に接しています。ちなみに函館市は北海道の玄関口として青森と青函連絡船で結ばれていたが、1988年(昭和63年)の青函トンネルの開通によって連絡船は廃止されました。函館市は渡島半島の南東部・亀田半島に位置し、中心市街地は函館平野の東部にあり、東側に山地、南側に津軽海峡・西側に函館湾があります。ちなみに函館港は古来から天然の良港で、形が巴状になっていることから「巴の港」とも言われています。函館市は古来先住民の先住地だったが、15世紀中頃から蝦夷地経営の拠点となり、江戸時代中期に松前藩の番所、1802年(享和2年)に幕府の箱館奉行が置かれ、幕末の日米和親条約では下田とともに日本最初の開港場に指定されました。明治維新後に北海道開拓使出張所が置かれ、1908年(明治41年)に青函航路が開設され、大正時代には北洋漁業の基地として発展しました。なお函館市は1922年(大正11年)に市制に移行しました。
*参考・・・函館市・函館港花火大会函館市・函館港花火大会wikipedia

【函館港花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る