箸蔵寺(紅葉見ごろ・・・)徳島紅葉名所

箸蔵寺

箸蔵寺(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。箸蔵寺は徳島の紅葉名所です。箸蔵寺の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。箸蔵寺にはモミジだけでなく、寒桜も植えられ、紅葉と寒桜が一緒に楽しめる場合もあります。また早めの雪が降ると紅葉・寒桜・雪が楽しめます。箸蔵寺では山麓から方丈脇まで箸蔵山ロープウェイが運行されています。

【箸蔵寺 アクセスマップ】
場所・・・徳島県三好市池田町州津蔵谷1006

【箸蔵寺 アクセス・交通】
*JR箸蔵駅(徒歩約10分)ロープウェイ乗場

【箸蔵寺 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【箸蔵寺 時間(要確認)】
7:00~17:00

【箸蔵寺 料金(要確認)】
箸蔵山ロープウェイ(往復)
大人1,540円、中高生1,130円、小人770円

広告

【箸蔵寺 歴史・簡単概要】
箸蔵寺(はしくらじ)は徳島県三好市池田町州津蔵谷にあります。箸蔵寺は伝承によると平安時代前期の828年(天長5年)に四国巡錫中の真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)が創建したと言われています。弘法大師・空海がこの地を訪ねた際、標高約719.8メートルの箸蔵山山頂に漂う不思議な瑞気(ずいき)に導かれて登り、金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)から「済生利民(さいせいりみん)」の神託(おつげ)を授けられたと言われています。神託は全ての人を救済する「箸を挙(あ)ぐる者、我誓ってこれを救はん」という言葉で、寺号・箸蔵寺の由来になっています。弘法大師・空海は自ら神像を刻んで本尊(秘仏)とし、七堂伽藍を建立したと言われています。ちなみに金毘羅大権現は箸蔵山から金刀比羅宮(ことひらぐう)が祀られている標高約524メートルの象頭山(ぞうずさん)に日夜眷属(けんぞく)とともに往来しているとされ、箸蔵寺は「こんぴら奥の院 箸蔵山」と言われています。江戸時代前期の1677年(寛文7年)に火災で多くの資料を焼失し、江戸時代中期の1769年(明和6年)に由緒がまとめられたが、江戸時代後期の1826年(文政9年)に火災で伽藍の大半を焼失しました。その後江戸時代末期にいずれも重要文化財である本殿・護摩殿・鐘楼堂・方丈・薬師堂などが再建されたと言われています。箸蔵寺には山内にモミジなどが分布しています。
三好市(みよしし)は徳島県西部に位置しています。三好市は面積約721.42平方キロで、四国4県の市町村の中で最も面積が大きい市町村です。三好市は徳島県の美馬市・つるぎ町・東みよし町・那賀町、香川県の観音寺市・三豊市・まんのう町、愛媛県の四国中央市、高知県の香美市・大豊町に接しています。三好市は北部に讃岐山脈(さぬきさんみゃく・阿讃山脈(あさんさんみゃく))、南部に標高約1,955メートルの剣山(つるぎさん)を最高峰とする剣山地の山々が連なり、四国三郎とも言われる一級河川・吉野川(よしのがわ)やその支流である一級河川・祖谷川(いやがわ)などが流れています。三好市は平安時代末期の1185年(元暦2年)に源平合戦(げんぺいかっせん・治承寿永の乱(じしょうじゅえいのらん))の一部である屋島の戦い(やしまのたたかい)で平氏が源氏に敗れると祖谷に平家の落人が隠れ住んだとも言われています。三好市は鎌倉時代に小笠原長清(おがさわらながきよ)が大西城(おおにしじょう)を池田に築城したとも言われています。三好市には日本三大秘境とも言われる祖谷渓(いやけい)・大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)などの景勝地や祖谷のかずら橋・奥祖谷二重かずら橋などがあります。
*参考・・・箸蔵寺(アクセス・歴史・・・)箸蔵寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【箸蔵寺 見どころ・文化財】
箸蔵寺の見どころは箸蔵寺の紅葉です。箸蔵寺の紅葉は例年10月下旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。紅葉の見ごろにモミジなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。

【箸蔵寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0883-72-0812(箸蔵寺)

【箸蔵寺 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
徳島紅葉名所・徳島紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る