豊平峡ダム・定山渓(紅葉見ごろ10月上旬頃~)北海道紅葉名所

豊平峡ダム・定山渓

豊平峡ダム・定山渓

豊平峡ダム・定山渓(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。豊平峡ダムは北海道の紅葉名所です。豊平峡ダムの紅葉見ごろは例年10月上旬頃~10月中旬頃です。豊平峡ダムでは豊平峡ダム駐車場から豊平峡ダムまで電気バス(約10分)が運行され、乗車する必要があります。ちなみに豊平峡ダムでは天候などに問題がないと観光放流が行われるそうです。(要確認)

【豊平峡ダム・定山渓 アクセスマップ】
場所・・・北海道札幌市南区定山渓

【豊平峡ダム・定山渓 アクセス・交通】
*JR札幌駅または地下鉄南北線真駒内駅からじょうてつバス・定山渓温泉行きの場合、定山渓神社前バス停

【豊平峡ダム・定山渓 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【豊平峡ダム・定山渓 時間(要確認)】
有料施設あり

【豊平峡ダム・定山渓 料金(要確認)】
有料施設あり

広告

【豊平峡ダム・定山渓 歴史・簡単概要】
豊平峡ダム(ほうへいきょうダム)は北海道札幌市南区定山渓にあります。豊平峡ダムは札幌市と千歳市の境にある標高約1,235.2メートルの小漁山(こいざりやま)を源とする石狩川水系の一級河川・豊平川(とよひらがわ)上流部に建設された堤高約102.5メートル・堤頂長約305メートル・総貯水容量約4,710万立方メートルのアーチ式コンクリートダムです。ちなみに豊平川は「とよひら」と読むが、豊平峡ダムは「ほうへい」と読みます。豊平峡ダムは洪水調節・上水道供給・水力発電などの為、1965年(昭和40年)に着工し、1972年(昭和47年)に約7年の歳月を掛けて完成しました。豊平峡ダムの建設によってできたダム湖は定山湖(じょうざんこ)と言われ、ダム湖百選に選ばれています。定山湖の名称は定山渓観光協会が観光の発展の為に要望したそうです。豊平峡ダムには展望台・レストハウス・遊歩道・豊平峡ダムミュージアム「ひふみみはなめ」などがあり、レストハウスではジンギスカンを味わうことができるそうです。豊平峡ダムには周辺にカエデ・ヤマブドウ・ナナカマド・サクラ・シナ・カツラ・ツタウルシ・ミズナラ・シラカンバ・ツリバナ・ハンノキ・ツツジ・ホオノキ・キタコブシなどが分布しています。豊平峡ダムでは環境保護の為に電気バスが運行されています。なお定山湖は支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)に属しています。ちなみに上流部の国有林は水源の森百選に選ばれています。
札幌市(さっぽろし)は北海道中西部に位置しています。札幌市は日本最北の政令指定都市で、北海道の道庁所在地です。札幌市の名称は乾季の一級河川・豊平川(とよひらがわ)につけられた乾いた広い土地を意味するアイヌ語「サト・ポロ」に由来しています。札幌市は中央区・北区・東区・白石区・豊平区・南区・西区・厚別区・手稲区・清田区の10区から構成され、石狩市・江別市・北広島市・恵庭市・千歳市・当別町・小樽市・喜茂別町・京極町・赤井川村・伊達市に接しています。札幌市は北海道最大の河川である一級河川・石狩川(いしかりがわ)の中流から下流に広がる石狩平野南西部に位置し、南西部に一部が支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)に指定された山岳地帯があり、市域を石狩川やその支流である豊平川などが流れています。北海道は元々アイヌの人々が暮らし、蝦夷地(えぞち)などと言われ、1799年(寛政11年)に東蝦夷地が幕府直轄になり、1807年(文化4年)には西蝦夷地も幕府直轄になり、1857年(安政4年)に豊平橋付近に和人が住むようになったと言われています。札幌市は1871年(明治4年)に函館から開拓使庁が移され、碁盤目状の市街地の建設が始まりました。札幌市は1875年(明治8年)に最初の屯田兵が入植し、北海道開拓の前進基地から中枢都市に発展しました。
*参考・・・豊平峡ダム・定山渓(アクセス・歴史・・・)

【豊平峡ダム・定山渓 見どころ・文化財】
豊平峡ダムの見どころは豊平峡ダムの紅葉です。豊平峡ダムの紅葉は例年9月下旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月上旬頃~10月中旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・ヤマブドウ・ナナカマド・サクラ・シナ・カツラ・ツタウルシ・ミズナラ・シラカンバ・ツリバナ・ハンノキ・ツツジ・ホオノキ・キタコブシなどが色付きます。紅葉のビュースポットは展望台です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。

【豊平峡ダム・定山渓 連絡先(要確認)】
電話番号・・・011-598-2012(定山渓観光協会)

【豊平峡ダム・定山渓 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2021年(令和3年)11月
北海道紅葉名所・北海道紅葉見ごろ

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る