井川湖・井川ダム(紅葉見ごろ11月中旬頃)静岡紅葉名所

井川湖・井川ダム

井川湖・井川ダム

井川湖・井川ダム(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。井川湖は静岡の紅葉名所です。井川湖の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。井川湖では紅葉が見ごろを迎える時期に井川ダム祭り・井川もみじマラソンが行われています。(要確認)なお井川湖では井川湖渡船が周遊運航(15分コース・45分コース)され、紅葉とクルージングを楽しむことができます。

【井川湖・井川ダム アクセスマップ】
場所・・・静岡県静岡市葵区井川

【井川湖・井川ダム アクセス・交通】
*東名高速静岡IC(車約2時間)または*新東名高速新静岡IC(車約1時間30分)

*大井川鉄道井川線井川駅から井川湖畔遊歩道(徒歩約90分)

【井川湖・井川ダム アクセス・駐車場】
駐車場あり

【井川湖・井川ダム 時間(要確認)】
自由

【井川湖・井川ダム 料金(要確認)】
無料

広告

【井川湖・井川ダム 歴史・簡単概要】
井川湖(いかわこ)・井川ダム(いかわダム)は静岡県静岡市葵区井川にあります。井川湖は静岡県・長野県・山梨県の県境付近にある標高約3,189.5メートルの間ノ岳(あいのだけ)を源とする大井川水系の本流で一級河川・大井川(おおいがわ)上流部に建設された堤高約103.6メートル・堤頂長約243メートル・総貯水容量約1億5千万立方メートルの中空重力式コンクリートダム・井川ダムが建設されてできた人造湖です。ちなみに井川ダムは周囲約10キロの大井川水系最大のダムで、中空重力式ダムとして北海道・空知川(そらちがわ)に建設されている金山ダム(かなやまダム)に次ぐ大きさです。井川ダムは1952年(27年)に着工され、1957年(昭和32年)に完成しました。井川湖には吊橋が架けられ、井川湖渡船が運航されています。井川湖では井川ダムから堂平広場を結んでいた廃線敷を利用した遊歩道・廃線小路も整備されています。以前使われていたレールやトンネルがそのまま残されています。ちなみに廃線小路は井川駅から井川本村までの長さ5キロのハイキングコースの一部にもなっています。井川湖には周辺にモミジ・ウルシ・イチョウなどが分布しています。
静岡市(しずおかし)は静岡県中部に位置しています。静岡市は静岡県の県庁所在地で、政令指定都市です。静岡市は葵区・駿河区・清水区の3つの区から構成され、静岡県の富士市・富士宮市・藤枝市・焼津市・島田市・根本町、山梨県の南アルプス市・早川町・身延町・南部町、長野県の飯田市・伊那市・大鹿村に接しています。静岡市は区の数が政令指定都市の中で神奈川相模原市と並んで最も少ないそうです。静岡市は静岡県と山梨県の県境にある大谷嶺(おおやれい)・八紘嶺(はっこうれい)・安倍峠(あべとうげ)を源とする一級河川・安倍川(あべかわ)水系全域と静岡県・長野県・山梨県の県境付近にある標高約3,189.5メートルの間ノ岳(あいのだけ)を源とする一級河川・大井川(おおいがわ)上流の井川地区、そして東部の清水地区からなり、南側を駿河湾に面しています。静岡市は日本最古の歴史書「古事記」・日本最古の正史「日本書紀」に第12代・景行天皇の皇子で、第14代・仲哀天皇の父である日本武尊(やまとたける)が東征の際に賊と戦ったとされ、日本平(にほんだいら)・草薙(くさなぎ) の地名が残されています。静岡市は南北朝時代以後に今川氏の本拠地となり、江戸時代に江戸幕府初代将軍・徳川家康のお膝元として発展しました。徳川家康の大御所時代駿府は人口10万に達したと言われているそうです。
*参考・・・井川湖・井川ダム(アクセス・歴史・・・)

【井川湖・井川ダム 見どころ・文化財】
井川湖の見どころは井川湖の紅葉です。井川湖の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・ウルシ・イチョウなどが色付きます。紅葉のビュースポットは井川大橋・井川湖遊歩道です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。

【井川湖・井川ダム 連絡先(要確認)】
電話番号・・・054-252-4247(静岡市静岡駅観光案内所)

【井川湖・井川ダム 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2021年(令和3年)11月
静岡紅葉名所・静岡紅葉見ごろ

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る