寺家公園(桜見ごろ2022早め・・・)富山桜名所

寺家公園

寺家公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。寺家公園は富山の桜名所です。寺家公園の桜見ごろは例年4月中旬頃~4月下旬頃です。寺家公園にはソメイヨシノ(染井吉野)など約70本の桜の木が植えられています。ただイベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)長さ約2.1キロの西国三十三観音巡拝路などもあります。

【寺家公園 アクセスマップ】
場所・・・富山県富山市寺家

【寺家公園 アクセス・交通】
*JR笹津駅(徒歩約30分)

【寺家公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【寺家公園 時間(要確認)】

【寺家公園 料金(要確認)】

広告

【寺家公園 歴史・簡単概要】
寺家公園(じけこうえん)は富山県富山市寺家にあります。寺家公園は標高約559メートルの御前山(ごせんやま)を源とし、船峅台地(ふなくらだいち)を流れ、神通川(じんずうがわ)水系熊野川(くまのがわ)に注ぐ一級河川・急滝川(きゅうたきがわ)右岸(東岸)にあります。寺家公園は1930年(昭和5年)から10年の歳月を掛けて富山市(旧・大沢野町)寺家出身で、京都の開業医・加藤幸次郎(かとうこうじろう)が莫大な私財を投じて故郷の里山に木石などを配して整備しました。加藤幸次郎は桜の名所である京都嵐山の美しさに魅せられ、京都から一流の庭師を招き、嵐山を模して整備しました。寺家公園には富山県の天然記念物であるアカガシの群生林・長さ約2.1キロの西国三十三観音巡拝路・姉倉比売神社(あねくらひめじんじゃ)・帝龍寺(ていりゅうじ)などがあります。ちなみに姉倉比売神社は「古事記」・「日本書紀」によると紀元前30年頃に姉倉比売がこの地を統治して農耕・機織りを広め、機織りの神として祀られたのが起源とも言われています。帝龍寺は702年(大宝2年)に第42代・文武天皇の御連枝(ごれんし)・真福上人が創建したと言われています。また寺家公園には桜(4月中旬頃~4月下旬頃)・ツツジ(5月上旬頃~5月中旬頃)・カエデ(10月下旬頃~11月中旬頃)・サツキなどを楽しむことができます。
富山市(とやまし)は富山県中央部に位置しています。富山市は富山県の県庁所在地です。富山市は平成の合併により、全国の県庁所在地の中で2番目に面積が広い都市になりました。富山市は富山県の射水市・滑川市・砺波市・南砺市・上市町・立山町・舟橋村、長野県の大町市、岐阜県の飛騨市・高山市に接しています。富山市はいずれも一級河川である神通川(じんずうがわ)・常願寺川(じょうがんじがわ)などによって形成された富山平野中央部に位置し、西部に呉羽丘陵(くれはきゅうりょう)があり、南部に飛騨高地(ひだこうち)があり、南東部に北アルプスの立山連峰(たてやまれんぽう)がそびえ、北側を富山湾に面しています。富山市は冬に雪や雨の日が続き、市域の南部は特別豪雪地帯になっています。富山市は16世紀初めに富山地区が富山城が築城され、江戸時代に金沢藩の支藩・富山藩(前田氏)10万石の城下町として発展しました。神通川周辺は飛騨街道(ひだかいどう)の宿場町として栄え、八尾地区は聞名寺(もんみょうじ)の門前町・市場町と和紙・薬草などの集散地として栄えました。富山市は「越中富山の薬売り」で知られています。
*参考・・・寺家公園(アクセス・歴史・・・)

【寺家公園 見どころ・文化財】
寺家公園の見どころは寺家公園の桜です。寺家公園の桜見ごろは例年4月中旬頃~4月下旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【寺家公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・076-443-2072(富山市商工労働部観光政策課)

【寺家公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
富山桜名所・富山桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る