ジャックドまつり花火大会7/14(日程・時間・・・)

(最新確認中)ジャックドまつり花火大会2018は2018年7月14日に行われます。ジャックドまつり花火大会2018では青森県南部地方最初の夏祭りとして、お祭りの前夜祭のフィナーレに華やかなスターマイン・仕掛花火・小型煙火など約1,800発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。ジャックドまつりではダンスバトル・名農豊穣太鼓・さくらんぼ種飛ばし大会どが行われます。

【ジャックドまつり花火大会2018 日程時間(要確認)】
ジャックドまつり花火大会2018・・・2018年7月14日(土曜日)20:20~(小雨決行・荒天順延7月9日)

【ジャックドまつり花火大会2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・青森県三戸郡南部町・南部町ふれあい公園

*青い森鉄道・苫米地駅
●無料駐車場あり

広告

【ジャックドまつり花火大会2018 概要(種類・規模)】
ジャックドまつり花火大会2018では青森県南部地方最初の夏祭りとして、お祭りの前夜祭のフィナーレに華やかなスターマイン・仕掛花火・小型煙火など約1,800発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。ジャックドまつりではダンスバトル・名農豊穣太鼓・さくらんぼ種飛ばし大会・ライブなどが行われたり、PRブースが設けられたりします。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

●有料席・・・なし
*参考・・・ジャックドまつり花火大会2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【ジャックドまつり花火大会 歴史・簡単概要】
ジャックドまつり花火大会(ジャックドまつりはなびたいかい)はジャックドまつりの一環として行われています。ジャックドまつりは第20回目を超える歴史あるイベントです。ちなみに「ジャックド」は「たくさん」を意味する方言です。ジャックドまつりでは花火大会以外にも様々なイベントも行われています。なおジャックドまつり花火大会はジャックドまつり実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・ジャックドまつり花火大会ジャックドまつり花火大会wikipedia

【南部町 歴史・簡単概要】
ジャックドまつり花火大会が行われる南部町(なんぶちょう)は青森県の南東部に位置しています。南部町は三戸町(さんのへまち)・五戸町(ごのへまち)・田子町(たっこまち)・階上町(はしかみちょう)・新郷村(しんごうむら)とともに三戸郡(さんのへぐん)を構成し、青森県の八戸市・三戸町・五戸町・新郷村、岩手県の二戸市・軽米町に接しています。南部町は中心部を東西を横断する馬淵川水系の本流で一級河川・馬淵川(まべちがわ)の中流に位置し、南西部に標高約615メートルの名久井岳(なくいだけ)があります。南部町は戦国時代に南部氏が三戸館(三戸町)に移るまでの本拠地で、聖寿寺館(しょうじゅじだて)跡が残されています。聖寿寺館は馬場館・平良ヶ崎館・相内館他とともに本三戸城(ほんさんのへじょう)を構成し、戦国時代から安土桃山時代に掛けて活躍した南部氏第24代・南部晴政(なんぶはるまさ)の時代に家臣の放火によって焼失するまでの約200年間南部氏の本城とされました。南部町は青森県内で気候が比較的温暖とされ、稲作以外にもリンゴ・ブドウ・サクランボ・セイヨウナシなどの果樹栽培が盛んに行われています。また阿房宮(あぼうきゅう)と言われる食用菊の産地としても知られています。なお南部町は1955年(昭和30年)に町制に移行しました。
*参考・・・南部町・ジャックドまつり花火大会南部町・ジャックドまつり花火大会wikipedia

【ジャックドまつり花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る