上高地(紅葉見ごろ10月中旬頃~1)長野紅葉名所

上高地

上高地

上高地(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。上高地は長野の紅葉名所です。上高地の紅葉見ごろは例年10月中旬頃~10月下旬頃です。上高地は山の冠雪の白・カラマツの黄金色・針葉樹の緑が一度に楽しめる三段紅葉の名所として知られ、紅葉が見ごろを迎える時期に多くの観光客が訪れるそうです。大正池・田代池では湖面に鮮やかな紅葉が移ります。

【上高地 アクセスマップ】
場所・・・長野県松本市・安曇上高地

【上高地 アクセス・交通】
*大正池・松本電鉄上高地線新島々駅からバスの場合、大正池バス停
*河童橋・松本電鉄上高地線新島々駅からバスの場合、上高地バスターミナル

*長野自動車道松本IC(車約60分)

【上高地 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【上高地 時間(要確認)】
確認中

【上高地 料金(要確認)】
確認中

広告

【上高地 歴史・簡単概要】
上高地(かみこうち)は長野県松本市にあります。上高地は中部山岳国立公園(ちゅうぶさんがくこくりつこうえん)に属する標高約3,190メートルの飛騨山脈(ひださんみゃく・北アルプス)南部を流れる梓川(あずさがわ)上流にある標高約1,500メートルの景勝地です。上高地は古く神垣内・神河内・上河内などと書かれ、神垣内は信濃国三宮・穂高神社(ほたかじんじゃ)の祭神・穂高見命(ほたかみのみこと)が穂高岳に降臨し、穂高神社奥宮と明神池(みょうじんいけ)に祀られていることに由来しています。上高地は約3万前~約1万年前に岐阜県側に流れていた梓川が長野県と岐阜県にまたがる標高約2,455メートルの活火山・焼岳(やけだけ)火山群の標高約2,188メートルの白谷山(しらたにやま)の噴出物によって池が誕生し、その後土砂が堆積して大正池(たいしょういけ)から横尾までの前後約10キロ・幅最大約1キロの堆積平野が形成されたとも言われています。上高地は焼岳・穂高連峰(ほたかれんぽう)・六百山(ろっぴゃくざん)・霞沢岳(かすみざわだけ)などに囲まれ、江戸時代まで松本藩御用林の役人などが入山した程度であったが、1896年(明治29年)に英国人宣教師であるウォルター・ウェストンが「日本アルプス登山と探検」の中で国内外に紹介しました。上高地には国の特別名勝と特別天然記念物に指定されている大正池・田代池(たしろいけ)・明神池・梓川に架かる木製の吊橋である河童橋(かっぱばし)・ウェストン碑・ウェストン園地などがあります。上高地にはカツラ・シラカバ・カラマツなどが分布しています。
松本市(まつもとし)は長野県中西部(中信地方)に位置しています。松本市は長野県内で最も面積が広い都市です。松本市は長野県の塩尻市・安曇野市・大町市・岡谷市・上田市・下諏訪町・山形村・朝日村・筑北村・長和町・青木村・木曽町・木祖村、岐阜県の高山市に接しています。松本市は長野県中西部で、信濃川水系の一級河川・犀川(さいがわ)流域にある松本盆地に位置し、東側に美ヶ原(うつくしがはら)などの2,000メート級の筑摩山地(ちくまさんち)、西側に北アルプスなどの3,000メート級の飛騨山脈(ひださんみゃく)があります。西部には上高地・乗鞍高原の玄関口である波田地区や北アルプスの麓を流れる清流・梓川(あずさがわ・犀川)周辺には梓川地区があります。ただ松本市の市域は5,000万年前は海底にあったそうです。松本市は奈良時代末期に信濃国の国府が置かれ、鎌倉時代に信濃国守護館が置かれました。その後1590年(天正18年)に松本藩の藩祖・石川数正(いしかわかずまさ)が入封すると松本城(深志城(ふかしじょう)・烏城(からすじょう))の天守(国宝)が造営され、城下町が整備されました。
*参考・・・上高地(アクセス・歴史・・・)

【上高地 見どころ・文化財】
上高地の見どころは上高地の紅葉です。上高地の紅葉は例年10月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月中旬頃~10月下旬頃です。紅葉の見ごろにカツラ・シラカバ・カラマツなどが色付きます。紅葉のビュースポットは大正池・河童橋です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。

【上高地 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0263-39-7176(松本市観光情報センター)

【上高地 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2021年(令和3年)11月
長野紅葉名所・長野紅葉見ごろ

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る