かしの森公園(桜見ごろ2022早め・・・)栃木桜名所

かしの森公園

かしの森公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。かしの森公園は栃木の桜名所です。かしの森公園の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。かしの森公園にはソメイヨシノ(染井吉野)など約400本の桜の木が桜の木が植えられ、さくら祭り・ライトアップが行われています。(要確認)アスレチックなどもあります。

【かしの森公園 アクセスマップ】
場所・・・栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢4632

【かしの森公園 アクセス・交通】
*JR宇都宮駅からバスの場合、芳賀工業団地バス停(徒歩約10分)

【かしの森公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【かしの森公園 時間(要確認)】
自由

【かしの森公園 料金(要確認)】
無料

広告

【かしの森公園 歴史・簡単概要】
かしの森公園(かしのもりこうえん)は栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢にあります。かしの森公園は芳賀工業団地内に整備された公園です。芳賀工業団地は芳賀西部台地土地区画整理事業と土地ぢ件土地開発公社が首都圏整備法による都市開発区として共同事業として造成しました。芳賀工業団地は標高130メートル前後で、南方に緩く傾斜した平坦地に整備された総面積約248.4ヘクタールの内陸型工業団地で、工業専用地区としてテナント企業含む約100社の企業が立地しています。芳賀工業団地は北東500メートルに位置する芳賀高根沢工業団地とともに栃木県高度産業集積地域の中核工業団地になっています。かしの森公園には運動場・ゲートボール場・野外ステージ・ちびっこ広場・わんぱく広場・みどり広場・やすらぎ広場・アスレチック(滑り台・ブランコ・ジャングルジム)・駐車場・池などがあります。かしの森公園は子どもから年配者まで一年を通してのんびり過ごせるファミリー公園です。かしの森公園にはソメイヨシノ(染井吉野)など約400本の桜の木が桜の木が植えられています。かしの森公園ではレジャーシートを広げてお花見を楽しむことができます。ちなみにかしの森公園には南北約2.3キロ、東西約1.3キロの桜並木があります。
芳賀町(はがまち)は栃木県中央東部に位置しています。芳賀町は益子町(ましこまち)・茂木町(もてぎまち)・市貝町(いちかいまち)とともに芳賀郡(はがぐん)を構成し、宇都宮市・真岡市・市貝町・高根沢町に接しています。芳賀町は一都六県にまたがる関東平野の一部で、栃木県中部に広がる下野平野(しもつけへいや)東部に位置し、さくら市の旧氏家町を源とする利根川(とねがわ)水系小貝川(こかいがわ)の支流である一級河川・五行川(ごぎょうがわ)流域に位置し、五行川・野元川・大川などが流れています。芳賀町は町域の中央を五行川が南流し、東部と西部は台地が広がっています。芳賀町は江戸時代に中心地区の祖母井が関街道の宿場町として発達しました。芳賀町はナシを中心とする果樹園やトマト・キュウリなどの畑作が盛んです。五行川流域では稲作も行われ、戦後から土地改良事業が進められて農地が整備されました。芳賀町は宇都宮テクノポリスの指定地域にあり、西部台地に芳賀工業団地と芳賀高根沢工業団地が建設され、工場が立地しています。隣接する高根沢町に掛けて自動車のテストコースも整備されています。
*参考・・・かしの森公園(アクセス・歴史・・・)

【かしの森公園 見どころ・文化財】
かしの森公園の見どころはかしの森公園の桜です。かしの森公園の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【かしの森公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・028-677-1115(芳賀町観光協会)

【かしの森公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
栃木桜名所・栃木桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る