勝山公園(紅葉見ごろ・・・)福岡紅葉名所

勝山公園

勝山公園(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。勝山公園は福岡の紅葉名所です。勝山公園の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~12月上旬頃です。勝山公園では1959年(昭和34年)に完成した小倉城天守閣周辺にイチョウ・ハゼノキなどが植えられ、紅葉が美しいと言われています。なお隣接する市役所庁舎の展望室からは公園を見渡すことができます。

【勝山公園 アクセスマップ】
場所・・・福岡県北九州市小倉北区城内2-1

【勝山公園 アクセス・交通】
*JR西小倉駅(徒歩約10分)

【勝山公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【勝山公園 時間(要確認)】

【勝山公園 料金(要確認)】

広告

【勝山公園 歴史・簡単概要】
勝山公園(かつやまこうえん)は福岡県北九州市小倉北区城内にあります。勝山公園は戦国時代(室町時代後期)の1569年(永禄12年)に毛利氏が築城したと言われる小倉城を中心として整備された面積約4ヘクタールの都市公園です。勝山公園は「21世紀の都心のオアシス」をテーマに道路・河川と一体的に整備され、北九州市の顔として市内外から多くの人が集まる北九州市のシンボル公園として愛されています。勝山公園には賑わいと交流のエリア・心と体の安らぎエリア・情報文化の拠点エリア・子どもの遊び場エリアという4つのエリアから構成され、小倉城・馬頭観音・小倉城庭園・松本清張記念館・紫川親水広場・中央図書館・文学館・大芝生広場・子どもの遊び場・タコ遊具・長崎の鐘・グリーンエコハウスひまわりあそびステーション・弓道場・健康遊具広場・アルモニーサンク北九州ソレイユホール・水環境館などがあります。ちなみに長崎の鐘は太平洋戦争中に旧小倉陸軍造兵廠敷地の一部が原爆投下の目標とされたことに由来し、1973年(昭和48年)に長崎市から贈呈された鐘のレプリカが設置されています。勝山公園にはイチョウ・ケヤキ・ハゼノキやサクラなどが植えられています。勝山公園では小倉城桜まつり・小倉祇園太鼓の競演会などのイベントが行われています。なお小倉城は続日本100名城(181番)に選定されています。
北九州市(きたきゅうしゅうし)は福岡県北東部に位置しています。北九州市は九州最初の政令指定都市です。北九州市は門司区・若松区・戸畑区・小倉北区・小倉南区・八幡東区・八幡西区の7区から構成され、中間市・直方市・行橋市・芦屋町・水巻町・香春町・福智町・苅田町・みやこ町・鞍手町に接しています。北九州市は九州島最北端に位置し、北側を日本海の響灘(ひびきなだ)・東側を瀬戸内海(せとないかい)の周防灘(すおうなだ)に面し、関門海峡(かんもんかいきょう)を挟んで山口県下関市と相対しています。北九州市は古くから交通の要衝で、門司は古来長門国(山口)側に置かれた長門関を補完する豊前国側の関所・門司(もんし)に由来しているそうです。北九州市は江戸時代に小倉が小倉城の城下町、黒崎が宿場町として栄えました。その後明治時代に筑豊炭田(ちくほうたんでん)の開発によって門司が港湾都市に発展し、1901年(明治34年)の官営八幡製鉄の創業によって重化学工業が発展しました。北九州市は太平洋戦争中に空襲の被害にあったが、太平洋戦争後の高度経済成長により、四大工業地帯(京浜工業地帯・中京工業地帯・阪神工業地帯)のひとつである北九州工業地帯に発展しました。
*参考・・・勝山公園(アクセス・歴史・・・)勝山公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【勝山公園 見どころ・文化財】
勝山公園の見どころは勝山公園の紅葉です。勝山公園の紅葉は例年10月下旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月下旬頃~12月上旬頃です。紅葉の見ごろにイチョウ・ケヤキなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。

【勝山公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・093-551-8150(産業経済局観光課)

【勝山公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
福岡紅葉名所・福岡紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る