加須はなさき公園(桜見ごろ・アクセス・・・)・埼玉桜名所

加須はなさき公園

加須はなさき公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。加須はなさき公園は埼玉の桜名所です。加須はなさき公園の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。加須はなさき公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・オオシマザクラ(大島桜)・ヤエザクラ(八重桜)など約160本の桜の木が植えられています。ただイベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)

【加須はなさき公園 アクセスマップ】
場所・・・埼玉県加須市水深1722

【加須はなさき公園 アクセス・交通】
*東武伊勢崎線花崎駅(徒歩約15分)

【加須はなさき公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【加須はなさき公園 時間(要確認)】

【加須はなさき公園 料金(要確認)】


【加須はなさき公園 歴史・簡単概要】
加須はなさき公園(かぞはなさきこうえん)・加須はなさき水上公園は埼玉県加須市水深にあります。加須はなさき公園は騎西領用水(きさいりょうようすい・新川用水(にっかわようすい))とその分水からの農業排水路である青毛堀川(あおげぼりがわ)近くに整備された面積約36.2ヘクタールの埼玉県営の都市公園(広域公園)です。加須はなさき公園は水と緑に恵まれた利根地域(埼玉県北東部)の田園風景を基調に青毛堀川の多目的遊水池事業との複合施設として計画され、1992年(平成4年)7月4日にプールを中心とした公園として開園しました。加須はなさき公園にはプール(さざなみプール・流水プール・多目的プール・スライダープール・幼児プール)・芝生広場・自然観察園・多目的グラウンド・ふれあいの森・修景池・鯉の池・野鳥の池・自然観察園・大型複合遊具・ボート乗り場・パターゴルフ・卓球場・ボールハウス・バッテリーカー・せせらぎ(小川)・バーベキュー広場・溜め池・水田・野鳥観察小屋・ウォーキングコース&クロスカントリーコース・コバトンの迷宮・レストラン・管理棟などがあります。加須はなさき公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・オオシマザクラ(大島桜)・ヤエザクラ(八重桜)など約160本の桜の木が植えられています。
加須市(かぞし)は埼玉県北東部に位置しています。加須市は埼玉県の行田市・久喜市・羽生市・鴻巣市、群馬県の板倉町、栃木県の栃木市、茨城県の古河市に接しています。加須市は群馬県利根郡みなかみ町に位置する標高約1,840メートルの大水上山(おおみなかみやま)とかつて埼玉県・山梨県・長野県の県境に位置する標高約2,475メートルの甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)を源とした元荒川(もとあらかわ)に挟まれた低湿な平野に位置し、利根川・渡良瀬川(わたらせがわ)・青毛堀川(あおげぼりがわ)などが流れ、渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち・谷中湖)などがあります。加須市は概ね平坦な低地だが、一部が台地状になっています。加須市は古墳時代の遺跡があり、利根川を利用した農業が発展していたとも言われています。加須市は江戸時代に中心市街地の加須が東の日光街道と西の中山道を結ぶ脇往還の宿場町・市場町として発達しました。また青縞織(あおじまおり)の集積地としても繁栄し、古くから鯉幟(こいのぼり)や柔道・剣道用具が製造されています。加須市は江戸時代初期には関東三大不動に数えられる不動ヶ岡不動尊總願寺(そうがんじ)が創建されました。加須市は古くから農業が盛んで、埼玉県下最大の穀倉地帯です。稲作や小麦の栽培が埼玉県内でも有数で、加須うどん(加須の手打ちうどん)がよく知られています。
*参考・・・加須はなさき公園(アクセス・歴史・・・)加須はなさき公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【加須はなさき公園 見どころ・文化財】
加須はなさき公園の見どころは加須はなさき公園の桜です。加須はなさき公園の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)ちなみに標準木が5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。また地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。なお桜は夏に花芽がつくられ、その後休眠ホルモンによって一旦休眠状態になり、冬の一定期間の厳しい寒さによって休眠打破が起こり、春の気温の上昇によって開花します。

【加須はなさき公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0480-65-7155(加須はなさき公園管理事務所)

【加須はなさき公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
埼玉桜名所・埼玉桜見ごろ

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る