喜多家しだれ桜(桜見ごろ2022早め・・・)石川桜名所

喜多家しだれ桜

喜多家しだれ桜(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。喜多家しだれ桜は石川の桜名所です。喜多家しだれ桜の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。喜多家しだれ桜は樹齢120年以上で、樹高約13メートル・幹回り約1.6メートル・枝張り約11メートルです。喜多家しだれ桜は樹上から滝のように咲きます。ライトアップが行われています。(要確認)

【喜多家しだれ桜 アクセスマップ】
場所・・・石川県かほく市上山田ハ15

【喜多家しだれ桜 アクセス・交通】
*JR宇野気駅(車約5分)

【喜多家しだれ桜 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【喜多家しだれ桜 時間(要確認)】

【喜多家しだれ桜 料金(要確認)】

広告

【喜多家しだれ桜 歴史・簡単概要】
喜多家しだれ桜(きたけしだれざくら)は石川県かほく市上山田ハにあります。喜多家しだれ桜は1895年(明治28年)に喜多家15代・善兵衛(ぜんべい)が金沢市・兼六園(けんろくえん)から枝垂桜の種子を持ち帰って植えたの始まりです。ちなみに兼六園は江戸時代前期の1676年(延宝4年)に加賀藩第5代藩主・前田綱紀(まえだつなのり)が金沢城に面する傾斜地に別荘を建て、その周辺を庭園に作庭し、蓮池の上御露地(はすいけのうえおろじ)・蓮池亭(れんちてい)と言われたのが始まりです。前田綱紀は不老不死の神仙人になることを願う神仙思想により、瓢池(ひさごいけ)に蓬莱(ほうらい)・方丈(ほうじょう)・瀛州(えいしゅう)の三神仙島を築きました。兼六園は国の特別名勝に指定された林泉廻遊式庭園で、岡山県岡山市・後楽園(こうらくえん)と茨城県水戸市・偕楽園(かいらくえん)とともに日本三名園に数えられています。また兼六園にはソメイヨシノ・ケンロクエンクマガイザクラ・ケンロクエンキクザクラなど約40種・約420本の桜の木が植えられ、日本さくら名所100選にも選ばれています。喜多家しだれ桜は樹齢120年以上で、樹高約13メートル・幹回り約1.6メートル・枝張り約11メートルです。喜多家しだれ桜は樹上から滝のように咲きます。
かほく市(かほくし)は石川県中部に位置しています。かほく市は津幡町・内灘町・宝達志水町に接しています。かほく市は東側から西側に向かって山地・丘陵地・段丘地・沖積低地・海岸砂丘地が形成され、西側を日本海に面し、北部で二級河川・大海川(おおみがわ)が日本海、南部で二級河川・宇ノ気川(うのけがわ)が河北潟(かほくがた)に注いでいます。かほく市には縄文時代中期の上山田貝塚(かみやまだかいづか)があり、古くから人が住んでいたとも言われています。かほく市は南北が最長約12.9キロ・東西約9キロで、南北に少し長くなっています。かほく市は市域がかつての加賀国と能登国にまたがり、加賀地方と能登地方をつなぐ街道に位置し、江戸時代に北部の高松地区が七尾街道の宿場町として栄えました。ちなみに地域を南北にJR七尾線・国道159号線・能登道路が通っています。かほく市は明治時代以降に繊維産業が地場産業として盛んになり、市街化が進みました。かほく市では海岸砂丘地でブドウ(ルビーロマン)・ナガイモ・スイカ・サツマイモなどが栽培され、南部の平野で米・大麦などが栽培されています。
*参考・・・喜多家しだれ桜(アクセス・歴史・・・)

【喜多家しだれ桜 見どころ・文化財】
喜多家しだれ桜の見どころは喜多家しだれ桜です。喜多家しだれ桜の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【喜多家しだれ桜 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0 076-283-7105(かほく市役所産業振興課)

【喜多家しだれ桜 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
石川桜名所・石川桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る