乞田川(桜見ごろ3月下旬頃~)東京桜名所

乞田川

乞田川

乞田川(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。乞田川は東京の桜名所です。乞田川の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。乞田川には両岸約3キロにソメイヨシノ(染井吉野)など500本以上の桜の木が植えられ、乞田商店会桜まつり・多摩センター桜まつりが行われたり、提灯が灯されたりします。(要確認)遊歩道もあります。

【乞田川 アクセスマップ】
場所・・・東京都多摩市鶴牧1~聖ヶ丘1

【乞田川 アクセス・交通】
*京王電鉄・小田急電鉄多摩センター駅(徒歩約2分)
*京王電鉄・小田急電鉄永山駅(徒歩約10分)

*国立府中インター(車約15分)
*横浜町田インター(車約30分)

【乞田川 アクセス・駐車場】
駐車場なし

【乞田川 時間(要確認)】
自由

【乞田川 料金(要確認)】
無料

広告

【乞田川 歴史・簡単概要】
乞田川(こったがわ)は東京都多摩市などを流れていています。乞田川の名称は乞田という地名に由来し、乞田の地名は農民が山林を田に開発したいと領主に乞い願って、許されたということに由来しているそうです。乞田川には多摩ニュータウン通りに沿って流れる両岸約3キロにソメイヨシノ(染井吉野)など500本以上の桜の木が植えられています。乞田川は多摩市鶴牧付近を源とし、中沢川(なかざわがわ)・大栗川(おおぐりがわ)に合流し、稲城市との境界付近で多摩川に合流する多摩川水系の多摩川(たまがわ)の支流で一級河川です。ちなみに乞田川は鶴牧付近からだが、上流には多摩市唐木田の尾根の雑木林を源とする唐木田川(からきだがわ)が流れています。乞田川では桜が見ごろを迎える時期に乞田商店会桜まつり・多摩センター桜まつりが行われています。(要確認)なお乞田川は多摩市永山地区から熊野橋までの遊歩道が多摩市の歴史と文化の散歩道のコースになっています。
多摩市(たまし)は東京都南西部(多摩地域南部)に位置しています。多摩市の名称は多摩丘陵北部にあることに由来しています。多摩市は東京都の稲城市・府中市・日野市・八王子市・町田市、神奈川県の川崎市に接しています。多摩市は一級河川・多摩川(たまがわ)右岸の多摩丘陵北端に位置し、多摩川・大栗川(おおぐりがわ)・乞田川(こったがわ)などの河川が流れています。多摩市には旧石器時代・縄文時代・古墳時代の遺物・遺跡があり、古くから人が住んでいたとも言われています。多摩市は鎌倉時代に鎌倉街道の上の道が通じ、関戸に多摩川の渡河点として関所・霞の関が設けらて交通の要所になりました。多摩市はかつて農村地帯で養蚕などが盛んだったが、1960年代から多摩丘陵に多摩ニュータウンが建設され、京王電鉄京王線に加えて小田急電鉄多摩線・京王電鉄相模原線が整備されると新興住宅都市として急速に発展ました。多摩センター駅周辺には大型小売店・コンサートホール・テーマパークなどがあります。
*参考・・・乞田川(アクセス・歴史・・・)

【乞田川 見どころ・文化財】
乞田川の見どころは乞田川の桜です。乞田川の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。桜のビュースポットは乞田・貝取ふれあい広場です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【乞田川 連絡先(要確認)】
電話番号・・・042-338-6867(多摩市経済観光課)

【乞田川 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2021年(令和3年)11月
東京桜名所・東京桜見ごろ

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る