高源寺(紅葉見ごろ・・・)・兵庫紅葉名所

高源寺

高源寺(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。高源寺は兵庫の紅葉名所です。高源寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃~11月下旬頃です。高源寺では紅葉が見ごろを迎える時期に山開きが行われます。(要確認)高源寺には開山・遠谿祖雄(えんけいそゆう)が中国・杭州の天目山から持ち帰って植えたとも言われる「天目カエデ」などが分布しています。

【高源寺 アクセスマップ】
場所・・・兵庫県丹波市青垣町桧倉514

【高源寺 アクセス・交通】
*JR柏原駅からバスの場合、佐治バス停(車約10分)

【高源寺 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【高源寺 時間(要確認)】
8:30~17:00(受付16:30終了)

【高源寺 料金(要確認)】
大人300円、小学生・中学生100円、未就学児無料

広告

【高源寺 歴史・簡単概要】
高源寺(こうげんじ)は兵庫県丹波市青垣町桧倉にあります。高源寺は鎌倉時代後期の1325年(正中2年)に遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師が創建したと言われています。遠谿祖雄禅師は青垣町遠坂地区に築城されていた山垣城(やまがいじょう)城主・足立遠政(あだちとおまさ)の孫・足立光基(あだちみつもと)の三男です。幼少の頃に出家し、1306年(嘉元4年)に元(中国)に渡り、杭州(こうしゅう)天目山(てんもくざん)の中峰国師(ちゅうほうこくし・中峰明本(ちゅうほうみんぽん))のもとで約10年修行し、帰国後に霊夢によって天目山に似た佐治郷小倉に堂宇を建立しました。ちなみに高源寺は東天目(ひがしてんもく)とも言われる甲斐(山梨)の栖雲寺(せいうんじ)に対し、西天目(にしてんもく)と言われています。1326年(正中3年・嘉暦元年)に南朝初代で、第96代・後醍醐天皇から寺号・高源寺を賜りました。室町時代中期に第104代・後柏原天皇の勅願所になり、住職は末代紫衣(しえ)が許され、全国に末寺を持つ大本山になりました。しかし天正年間(1573年~1593年)に織田信長(おだのぶなが)による丹波攻めで伽藍がことごとく焼失しました。その後江戸時代中期の享保年間(1716年~1736年)に天岩明啓(てんがんめいけい)禅師が再興し、1799年(寛政11年)に弘巌玄猊(こうがんげんげい)禅師が柏原藩の援助を得て再び再建しました。高源寺には惣門・山門・仏殿・方丈・鐘堂・多宝塔などが建立されています。高源寺にはカエデ・ドウダンツツジ・イチョウなどが分布し、三丹随一の紅葉名所とも言われています。
丹波市(たんばし)は兵庫県東部に位置しています。丹波市の名称は旧国名・丹波国に由来しています。丹波市は兵庫県の篠山市・西脇市・朝来市・多可町、京都府の福知山市に接しています。丹波市は瀬戸内海と日本海のほぼ中間に位置し、瀬戸内海の播磨灘に流れ込む加古川水系の一級河川・加古川と日本海の若狭湾に流れ込む由良川水系の竹田川の最上流にあり、西部に粟鹿山・三国岳・竜ヶ岳・篠ヶ峰など800メートル級の山々が連なっています。ちなみに丹波市は本州でもっとも低い中央分水界とも言われています。丹波市は瀬戸内海型気候・内陸型気候に属し、年間の寒暖差や昼夜間の温度差が大きく、秋から冬に掛けて発生する朝霧・夕霧は「丹波霧」とも言われています。丹波市は平安時代末期から京都・石清水八幡宮などの荘園があり、鎌倉時代に加古川水運の河港や但馬から京都に至る街道筋の宿場町として発展しました。その後南北朝時代に室町幕府の御料所になり、安土桃山時代には明智光秀の家臣・斎藤利三が丹波黒井城に入城し、江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母になる春日局が誕生しました。丹波市は現在丹波グリ・丹波ナス・丹波大納言小豆・丹波黒大豆・丹波山の芋などの農業が盛んに行われています。ちなみに春日町は丹波大納言小豆の発祥地とされているそうです。
*参考・・・高源寺(アクセス・歴史・・・)高源寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【高源寺 見どころ・文化財】
高源寺の見どころは高源寺の紅葉です。高源寺の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月上旬頃~11月下旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・ドウダンツツジ・イチョウなどが色付きます。紅葉のビュースポットは惣門から山門までの参道(紅葉のトンネル)です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【高源寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0795-87-5081(高源寺)

【高源寺 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
兵庫紅葉名所・兵庫紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る