西山興隆寺(紅葉見ごろ2020・・・)愛媛紅葉名所

西山興隆寺

西山興隆寺(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。西山興隆寺は愛媛の紅葉名所です。西山興隆寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃~12月中旬頃です。西山興隆寺は高縄山(たかなわさん)山系東麓の標高100~300mに位置し、周囲の山々に溶け込んでいます。山内にはカエデ・ハゼなどが分布し、「もみじの西山興隆寺」とも言われています。

【西山興隆寺 アクセスマップ】
場所・・・愛媛県西条市丹原町古田1657

【西山興隆寺 アクセス・交通】
*JR壬生川駅(車約20分)

【西山興隆寺 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【西山興隆寺 時間(要確認)】
7:00~17:00

【西山興隆寺 料金(要確認)】

広告

【西山興隆寺 歴史・簡単概要】
西山興隆寺(にしやまこうりゅうじ)は愛媛県西条市丹原町古田にあります。西山興隆寺は寺伝によると飛鳥時代の642年(皇極天皇元年)にインドから中国・朝鮮半島を経由して日本に渡って来たとも言われる空鉢仙人(からはちせんにん・法道仙人(ほうどうせんにん))が創建したとも言われています。銅造如来立象(愛媛県指定文化財)に奈良時代に造仏されたと言われています。その後奈良時代前期に僧・行基菩薩(ぎょうきぼさつ)、奈良時代の僧・報恩大師(ほうおんだいし)、真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)が入山し、第50代・桓武天皇の勅願寺になったとも言われています。また鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(みなもとのよりとも)、伊予国(愛媛県)の有力豪族・河野氏(こうのし)、歴代松山藩藩主、歴代小松藩藩主など皇室・武将・藩主などから崇敬されました。宝篋印塔(重要文化財)は源頼朝の供養塔とも言われています。南北朝時代の1375年(文中4年)に本堂(重要文化財)に建立されました。境内には六角堂(西条市指定文化財)・山門(仁王門)・地蔵堂・客殿・大師堂・鎮守護摩愛染堂・聖天堂・文殊堂・三重塔(西条市指定文化財)なども建立されています。西山興隆寺にはカエデ・ハゼやソメイヨシノ・シダレザクラなどが分布しています。なお西山興隆寺は真言宗醍醐派の別格本山で、四国別格二十霊場の第十番札所・四国三十六不動尊の第二十二番札所・四国(東予)七福神のえびす・伊予道十観音霊場の第二番札所です。
西条市(さいじょうし)は愛媛県東部(東予地方)に位置しています。西条市は愛媛県の新居浜市・東温市・今治市・久万高原町、高知県のいの町に接しています。西条市は西日本最高峰である標高約1,982メートルの石鎚山(いしづちさん)を中心とする石鎚山脈(いしづちさんみゃく)北麓に位置し、南部に石鎚山脈があり、北部に道前平野(どうぜんへいや・周桑平野(しゅうそうへいや))・西条平野が広がり、東部に石鎚山を源とする二級河川・加茂川(かもがわ)、西部に二級河川・中山川(なかやまがわ)や大明神川(だいみょうじんがわ)などが流れ、北側を瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に面しています。西条市は石鎚山脈北麓に位置していることもあり、地下水の自噴井・うちぬきが多くあり、国の名水百選にも選ばれ、「水の都」とも言われています。西条市では後期旧石器時代のサヌカイト製ナイフ形石器など出土し、古くから人が住んでいたとも言われています。西条市は古代に条里制が敷かれました。西条市は江戸時代に西条藩の陣屋町として発展し、壬生川(みぶがわ)は松山藩の米の積み出し港として栄えました。西条市では近世以降に大規模な干拓事業が行なわれ、1930年代に火力発電所・繊維工場などが立地し、1964年(昭和39年)に東予新産業都市に指定されました。ちなみに西条市では沿岸漁業も行なわれ、県下有数の養殖ノリの産地になっています。また果樹・野菜の栽培が盛んで。愛宕柿の産地としても知られています。
*参考・・・西山興隆寺(アクセス・歴史・・・)西山興隆寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【西山興隆寺 見どころ・文化財】
西山興隆寺の見どころは西山興隆寺の紅葉です。西山興隆寺の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月上旬頃~12月中旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・ハゼなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。

【西山興隆寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0898-68-7275(西山興隆寺)

【西山興隆寺 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
愛媛紅葉名所・愛媛紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る