九年庵(紅葉見ごろ11月中旬頃~)佐賀紅葉名所

九年庵

九年庵

九年庵(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。九年庵は佐賀の紅葉名所です。九年庵の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。九年庵は通常非公開で、例年春季(新緑の時期)・秋季(紅葉の時期)に一般公開が行われ、秋季には紅葉と庭園を楽しむことができます。九年庵の入園には午前中から配布される入園整理券が必要になります。(要確認)

【九年庵 アクセスマップ】
場所・・・佐賀県神埼市神埼町仁比山

【九年庵 アクセス・交通】
*JR神埼駅からバスの場合、仁比山神社前バス停(徒歩すぐ)

*長崎自動車道東脊振IC(車約10分)

【九年庵 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【九年庵 時間(要確認)】
春・秋に一般公開
8:30~16:00

【九年庵 料金(要確認)】
春・秋に一般公開
大人300円、中学生以下無料

広告

【九年庵 歴史・簡単概要】
九年庵(くねんあん)佐賀県神埼市神埼町仁比山にあります。九年庵は明治時代に実業家・伊丹弥太郎(いたみやたろう)が建てた別邸と庭園です。九年庵は1892年(明治25年)に伊丹弥太郎が仁比山護国寺(にいやまごこくじ)三十六坊の塔頭(たちゅう)・不動院(ふどういん)と子院・仁比山地蔵院(にいやまじぞういん)跡に別邸を建て、1900年(明治33年)から9年の歳月を掛けて作庭家で、誓行寺(せいぎょうじ)の阿和尚(ほとりおしょう)が面積約6,800平方メートル庭園を作庭しました。ちなみに仁比山では729年(天平元年)に僧・行基菩薩(ぎょうきぼさつ)が第45代・聖武天皇の勅願によって寺院を創建し、その後三十六坊が建立されて仁比山護国寺と称したと言われています。1920年(大正9年)に別邸の西北に茶室(九年庵)が建てられたが、その後解体されました。1982年(昭和57年)に佐賀県が土地を購入し、所有者から建物が寄贈され、1988年(昭和63年)から秋季、2010年(平成22年)から春季に一般公開が行われるようになりました。邸宅は茶室と書院の様式を折衷した数寄屋造り(すきやづくり)で、屋根が入母屋葦葺きです。庭園は筑紫平野を借景にモミジ・ドウダンツツジやツツジなどが植えられ、庭一面にスギゴケがまるで絨毯のように生えています。なお九年庵は国の名勝に指定されています。
神埼市(かんざきし)は佐賀県東部に位置しています。神埼市の名称は古代の郡・郷名に由来しています。神埼市は佐賀県の佐賀市・吉野ヶ里町・みやき町、福岡県の久留米市・大川市・福岡市に接しています。神埼市は市域が南北に細長く、北部に佐賀県と福岡県の県境にまたがる脊振山地(せふりさんち)があり、中部・南部に佐賀市を中心に佐賀県南部から佐賀県東部に広がる佐賀平野が広がり、市域の中央部を標高約1,054.6メートルの脊振山を源とする筑後川水系の城原川(じょうばるがわ)が貫流し、南端を一級河川・筑後川(ちくごがわ)が流れています。神埼市は古くから開けていたとも言われ、吉野ヶ里町にまたがって国の特別史跡に指定されている弥生時代の吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)があります。神埼市は平安時代から皇室領の荘園・神埼荘が置かれていました。また古代から中世の土地区画制度である条里制(じょうりせい)の地名も多く残されています。神埼市は江戸時代に長崎街道の宿場町・神埼宿が置かれて宿場町として栄えました。神埼市は稲作やイチゴ・高冷地野菜の栽培またスギ・ヒノキの林業などが盛んに行われています。また神埼市は特産品である神埼そうめんも知られています。
*参考・・・九年庵(アクセス・歴史・・・)

【九年庵 見どころ・文化財】
九年庵の見どころは九年庵の紅葉です。九年庵の紅葉は例年11月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・ドウダンツツジなどが色付きます。紅葉のビュースポットは別荘前です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。

【九年庵 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0952-37-0107(神埼市商工観光課)

【九年庵 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2021年(令和3年)11月
佐賀紅葉名所・佐賀紅葉見ごろ

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る