松井神社の臥龍梅(梅見ごろ2022早め・・・)熊本梅名所

松井神社の臥龍梅

松井神社の臥龍梅(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。松井神社の臥龍梅は熊本の梅名所です。松井神社の臥龍梅の梅見ごろは例年2月下旬頃~3月下旬頃です。松井神社の臥龍梅は樹齢350年とも言われています。1640年(寛永17年)7月に細川忠興は数寄屋(お茶室)を築き、庭園を整備し、臥龍梅を「八代から百花の魁となる人材出でよ」と念じて、自ら植えたと伝えられています。

【松井神社の臥龍梅 アクセスマップ】
場所・・・熊本県八代市北の丸町2-18

【松井神社の臥龍梅 アクセス・交通】
*八代駅(バス約10分)

【松井神社の臥龍梅 アクセス・駐車場】
駐車場不明

【松井神社の臥龍梅 時間(要確認)】
自由

【松井神社の臥龍梅 料金(要確認)】
無料

広告

【松井神社の臥龍梅 歴史・簡単概要】
松井神社の臥龍梅(まついじんじゃのがりょうばい)は熊本県八代市北の丸町にあります。松井神社は1881年(明治14年)に熊本藩八代城城主・松井氏の旧家臣団らが創建し、松井家初代・松井康之(まついやすゆき)、松井家2代・松井興長(まついおきなが)を祭神として祀っています。この地は江戸時代前期の1622年(元和8年)に肥後国熊本藩加藤氏の家臣・加藤正方(かとうまさかた)が母・妙慶禅尼の隠居所を建てた場所です。その後肥後国熊本藩2代藩主・加藤忠広(かとうただひろ)が改易されると肥後細川家初代・細川忠興(ほそかわただおき・細川三斎(ほそかわさんさい))の住居地になり、松井興長が八代城城主に任じられると松井家代々の居館になりました。1640年(寛永17年)7月に細川忠興は数寄屋(お茶室)を築き、庭園を整備し、臥龍梅を「八代から百花の魁となる人材出でよ」と念じて、自ら植えたと伝えられています。細川忠興の死後には松井家が臥龍梅を大切に守ってきました。松井神社の臥龍梅は樹齢350年とも言われています。臥龍梅は幹の形が地に臥せた龍の姿に似ていることから名付けられました。梅は寒さが厳しい時期にいち早く咲くことから百花の魁(さきがけ)とも言われ、時代を先駆けた優れた人物にも例えられます。なお松井神社の臥龍梅は1982年(昭和57年)8月28日に熊本県の天然記念物に指定されています。
八代市(やつしろし)は熊本県中南部に位置しています。八代市は熊本県内で熊本市に次いで2番目に人口が多く、熊本県南部の中心的な都市です。八代市の名称は日本最古正史「日本書紀(奈良時代)」に記された八代県(あがた)に由来しているそうです。八代市は最上川(もがみがわ)・富士川(ふじがわ)とともに日本三大急流に数えられ、球磨川水系の本流で一級河川・球磨川(くまがわ)などが形成した八代平野中南部と九州山地にあり、東部は宮崎県に接し、西部は九州本島と天草諸島に囲まれた八代海に面しています。ちなみに八代海に面した平野は江戸時代以降行われた干拓によって広げられました。八代市は古来から八代が福岡の博多(はかた)・鹿児島の坊津(ぼうのつ)と並ぶ九州の対外貿易港で、平安時代末期に日宋貿易を重視した平清盛の所領になり、鎌倉時代に執権・北条氏の所領になりました。八代市では1622年(元和8年)に八代城(やつしろじょう)が築城されるとその城下町になり、その後熊本藩主・細川氏の筆頭家老・松井氏の城下町として発展しました。八代市では明治時代に木材の集散地になり、その後豊富な工業用水を利用するセメント・製紙・繊維・金属などの工場が立地して工業都市に発展し、1964年(昭和39年)に新産業都市に指定されました。また八代港は重要港湾に指定されました。
*参考・・・松井神社の臥龍梅(アクセス・歴史・・・)

【松井神社の臥龍梅 見どころ・文化財】
松井神社の臥龍梅の見どころは松井神社の臥龍梅の梅です。松井神社の臥龍梅の梅見ごろは例年2月下旬頃~3月下旬頃です。
梅は桜と同じバラ目バラ科サクラ属の落葉樹で、開花の仕組みがよく似ています。梅は花の元となる花芽が前年の夏に形成されて休眠し、秋から冬に気温が低下すると休眠打破され、その後気温が上昇すると開花に向かって生長し、1月頃から開花します。

【松井神社の臥龍梅 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0965-33-0171(松浜軒)

【松井神社の臥龍梅 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る