明神峡(紅葉見ごろ・・・)・静岡紅葉名所

明神峡

明神峡(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。明神峡は静岡の紅葉名所です。明神峡の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月下旬頃です。明神峡では紅葉が見ごろを迎える時期にはるの産業まつりが行われています。(要確認)明神峡は春野町勝坂から水窪門桁までの長さ約5キロの渓谷で、断崖がそそり立ち、巨岩・巨石が続きます。

【明神峡 アクセスマップ】
場所・・・静岡県浜松市天竜区春野町豊岡(勝坂)地区

【明神峡 アクセス・交通】
*新東名高速浜松浜北IC(約1時間15分)
*新東名高速森掛川IC(約1時間15分)

【明神峡 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【明神峡 時間(要確認)】

【明神峡 料金(要確認)】

広告

【明神峡 歴史・簡単概要】
明神峡(みょうじんきょう)は静岡県浜松市天竜区春野町にあります。明神峡は浜松市天竜区水窪町地頭方付近を源とする天竜川(てんりゅうがわ)水系の一級河川・気田川(けたがわ)上流部に形成された渓谷です。ちなみに気田川は清流で知られ、地元では日本一きれいな川とPRしているそうです。気田川は鮎などの渓流釣りの名所で知られ、カヌー・ラフティングなどアウトドアレジャーの名所にもなっています。明神峡は春野町勝坂から水窪門桁までの長さ約5キロの渓谷です。明神峡は水の作用で形成された堆積岩 (たいせきがん) である水成岩(すいせいがん)などを気田川が侵食し、断崖がそそり立ち、巨岩・巨石が続きます。明神峡はフリークライミングやスポーツクライミングの一種であるボルダリングが天然石できるスポットとして注目されているそうです。明神峡には周辺にカエデ・ケヤキなどが分布しています。なお天竜区から周智郡森町を結ぶ静岡県道389号水窪森線(しずおかけんどう389ごうみさくぼもりせん)は道幅が狭く、車の走行に注意が促されています。水窪森線は門桁から小石間トンネル(小石間隧道)までの間が気田川沿いに走り、途中に明神峡があります。
浜松市(はままつし)は静岡県西部に位置しています。浜松市は政令指定都市で、面積が岐阜県高山市(たかやまし)に次いで全国で2番目に大きい都市です。浜松市は中区・東区・西区・南区・北区・浜北区・天竜区の7区から構成され、静岡県の磐田市・湖西市・島田市・森町・根本町、愛知県の豊橋市・新城市・東栄町・豊根村、長野県の飯田市・天龍村に接しています。浜松市は北部に静岡県・長野県・山梨県にまたがる赤石山脈(あかいしさんみゃく・南アルプス)の山々があり、東部を諏訪湖(すわこ)を源とする一級河川・天竜川(てんりゅうがわ)が流れ、西部に汽水湖である浜名湖(はまなこ)があり、南部を広大な砂丘が広がる太平洋の遠州灘(えんしゅうなだ)に面しています。浜松市は室町時代に浜松城(曳馬城(ひくまじょう))が築城されるとその城下町となり、1570年(元亀元年)から1586年(天正14年)まで江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)が浜松城を居城としました。ちなみに浜松城は松平乗寿(まつだいらのりなが)など歴代城主となった譜代大名の多くが江戸幕府の重役に出世したことから出世城とも言われています。浜松市は江戸時代に東海道の宿場町として栄え、東海道の一里塚が置かれました。
*参考・・・明神峡(アクセス・歴史・・・)明神峡(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【明神峡 見どころ・文化財】
明神峡の見どころは明神峡の紅葉です。明神峡の紅葉は例年10月下旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月下旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・ケヤキなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【明神峡 連絡先(要確認)】
電話番号・・・053-983-0001(浜松市春野協働センター)

【明神峡 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
静岡紅葉名所・静岡紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る