宮崎兄弟の生家の中山梅(梅見ごろ2022早め・・・)熊本梅名所

宮崎兄弟の生家の中山梅

宮崎兄弟の生家の中山梅(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。宮崎兄弟の生家の中山梅は熊本の梅名所です。宮崎兄弟の生家の中山梅の梅見ごろは例年2月中旬頃です。宮崎兄弟の生家の中山梅は樹齢250年から300年の白梅です。宮崎家は菅原道真とゆかりがあったとも伝えられ、中山梅は宮崎家の先祖が太宰府天満宮から移し植えたものとも言われています。

【宮崎兄弟の生家の中山梅 アクセスマップ】
場所・・・熊本県荒尾市荒尾949-1

【宮崎兄弟の生家の中山梅 アクセス・交通】
*JR荒尾駅(車約5分)

【宮崎兄弟の生家の中山梅 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【宮崎兄弟の生家の中山梅 時間(要確認)】
9:30~17:00

【宮崎兄弟の生家の中山梅 料金(要確認)】
無料

広告

【宮崎兄弟の生家の中山梅 歴史・簡単概要】
宮崎兄弟の生家の中山梅(みやざききょうだいのせいかのなかやまうめ)は熊本県荒尾市荒尾にあります。宮崎家は江戸時代前期の1647年(正保4年)に初代・宮崎正之が肥前(ひぜん)から肥後(ひご)に移り住んだのが始まりです。宮崎正之は1667年(寛文7年)に細川家・熊本藩から一領一疋(いちりょういっぴき)の郷士として認められ、その後宮崎家は荒尾村随一の地主になりました。郷士は平時に農耕に従事して、甲冑(かっちゅう)一領・馬一匹を用意し、有事に武士同様に軍務に服しました。宮崎兄弟の父で、9代目・宮崎長蔵(政賢)は学問・軍学・砲学・剣術を学び、二天一流の武芸者で全国を武者修行しました。また身分に関係なく、分け隔てなく接し、「四民平等」の考えの持ち主でした。宮崎兄弟は二男・宮崎八郎(真郷)、六男・宮崎民蔵(巡耕)、七男・宮崎彌蔵(管仲甫)、八男・宮崎滔天(寅蔵)などのことです。中山梅は樹齢250年から300年の白梅です。宮崎家は菅原道真(すがわらのみちざね)とゆかりがあったとも伝えられ、中山梅は宮崎家の先祖が菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(だざいふたんまんぐう)から移し植えたものとも言われています。1895年(明治28年)に中華民国の政治家・孫文(そんぶん)は日本に亡命し、宮崎家を訪れたことから中山梅は宮崎兄弟と孫文の友情を伝える「友情の梅」とも言われています。
荒尾市(あらおし)は熊本県北西部に位置しています。荒尾市は熊本県の玉名市・南関町・長洲町、福岡県の大牟田市に接しています。荒尾市は北側を大牟田市と市街地を接して連接都市を形成しています。荒尾市は東部に標高約501.4メートルの小岱山(しようだいさん)がそびえ、中部に丘陵性台地が広がり、西部になだらかな平地が広がり、西側を有明海(ありあけかい)に面しています。荒尾市では平安時代後期から地頭・小代氏(しようだいし)が支配し、江戸時代前期に細川氏が転付されてくると肥後熊本藩領になりました。荒尾市は明治時代初期まで一寒村であったが、1891年(明治24年)に九州鉄道(鹿児島本線)が開通し、1897年(明治30年)に三井万田(まんだ)炭坑・1918年(大正7年)に四山(よつやま)炭坑が開坑すると大炭鉱町に発展しました。ちなみに万田炭坑は世界文化遺産に登録されています。1940年以降に陸軍造兵廠・三井染料工場などが進出すると重化学工業都市に発展し、戦後に軍需工業が紡績・製網(ノリ網)・化学などの製造業に変わり、その後炭鉱が閉山しました。荒尾市では古くから行われているナシに加え、ミカン栽培も行われています。また有明海沿岸ではノリの養殖も行われています。
*参考・・・宮崎兄弟の生家の中山梅(アクセス・歴史・・・)

【宮崎兄弟の生家の中山梅 見どころ・文化財】
宮崎兄弟の生家の中山梅の見どころは宮崎兄弟の生家の中山梅の梅です。宮崎兄弟の生家の中山梅の梅見ごろは例年2月中旬頃です。
梅は桜と同じバラ目バラ科サクラ属の落葉樹で、開花の仕組みがよく似ています。梅は花の元となる花芽が前年の夏に形成されて休眠し、秋から冬に気温が低下すると休眠打破され、その後気温が上昇すると開花に向かって生長し、1月頃から開花します。

【宮崎兄弟の生家の中山梅 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0968-63-1274(荒尾市文化企画課)

【宮崎兄弟の生家の中山梅 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る