なら燈花会8/5~14(日程・時間・・・)

なら燈花会

なら燈花会

なら燈花会2018は2018年8月5日~14日に行われます。なら燈花会2018ではいずれも世界遺産である東大寺・興福寺・春日大社や奈良公園(浮雲園地・浅茅ケ原・浮見堂・猿沢池・春日野園地)、そして甍~I・RA・KA~(奈良春日野国際フォーラム)・奈良国立博物館前に約2万本のロウソクが灯されます。自分でロウソクを灯すこともできるそうです。

【なら燈花会2018 日程・時間(要確認)】
なら燈花会2018は2018年(平成30年)8月5日(日曜日)~14日(火曜日)に行われます。

【なら燈花会2018 アクセス・マップ】
場所・・・奈良県奈良市・奈良公園など

*近鉄奈良線・近鉄奈良駅
*JR奈良線・奈良駅

広告

【なら燈花会2018 概要】
なら燈花会2018ではいずれも世界遺産である東大寺・興福寺・春日大社や奈良公園(浮雲園地・浅茅ケ原・浮見堂・猿沢池・春日野園地)、そして甍~I・RA・KA~(奈良春日野国際フォーラム)・奈良国立博物館前に約2万本のロウソクが灯されます。燈花会では自分でロウソクを灯すこともできるそうです。(一客一燈・有料)なら燈花会ではイベントも行われます。なおなら燈花会ではろうそく・カップは鹿が口にしても安全な天然由来の素材が使用されています。

●なら燈花会2018 日程・スケジュール(要確認)
8月5日~14日
19:00~21:45

*参考・・・なら燈花会2018エリア

【なら燈花会 歴史・簡単概要】
なら燈花会(ならとうかえ)は1999年(平成11年)から行われ行われています。ちなみになら燈花会の「燈花」はロウソクの灯心の先にできる花の形のかたまりで、かたまりができると仏教的に縁起がよいと言われているそうです。なお2000年(平成12年)にはNPO法人・なら燈花会の会が創設されました。
*参考・・・なら燈花会なら燈花会wikipedia

【奈良公園 歴史・簡単概要】
なら燈花会が行われる奈良公園(ならこうえん)は奈良県奈良市にある都市公園です。奈良公園は明治維新後の神仏分離(廃仏毀釈)によって荒廃していた興福寺の境内と猿沢池付近を整備し、1880年(明治13年)2月14日に開園しました。なお奈良公園には登大路園地・浅茅ヶ原園地・荒池園地・浮雲園地・春日野園地・茶山園地・東塔跡園地・猿沢池園地・みとりい池園地などがあります。
*参考・・・奈良公園(アクセス・歴史・・・)ホームページ奈良公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【興福寺 歴史・簡単概要】
なら燈花会が行われる興福寺(こうふくじ)は669年(天智天皇8年)藤原鎌足の妻・鏡大王(かがみのおおきみ)が夫・鎌足の病気平癒の祈願の為、鎌足発願の本尊・釈迦三尊像や四天王などを安置する山階寺(やましなでら)を山背国山階陶原(京都市山科区)に創建したのが起源と言われています。
*参考・・・興福寺・なら燈花会興福寺・なら燈花会wikipedia

【東大寺 歴史・簡単概要】
なら燈花会が行われる東大寺(とうだいじ)は728年(神亀5年)第45代・聖武天皇と光明皇后が早逝した皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提を追修する為、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾寺(こんしゅじ)が起源と言われています。
*参考・・・東大寺・なら燈花会東大寺・なら燈花会wikipedia

【春日大社 歴史・簡単概要】
なら燈花会が行われる春日大社(かすがたいしゃ)は社伝によると約1300年前に常陸国・鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづちのみこと)を御蓋山(みかさやま)の山頂・浮雲峰(うきぐものみね)に勧請したのが起源と言われています。
*参考・・・春日大社・なら燈花会春日大社・なら燈花会wikipedia

【なら燈花会2018 備考】
*イベント・お祭りなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
*参考・・・なら燈花会

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る