東大寺お水取り3/1~14(日程・時間・・・)

東大寺お水取り

東大寺お水取り

お水取り2018は2018年3月1日~14日まで行われます。お水取りでは本行を行う練行衆の道明かりに大松明を持った童子が練行衆に付きます。大松明は通常10本だが、12日は11本になります。12日は通常の大松明(長さ約6~8メートル・重さ約40キロ)よりも大きな籠松明(長さ約8メートル・重さ約70キロ)が用いられます。

【お水取り2018 日程・時間(要確認)】
お水取り2018は2018年(平成30年)3月1日(木曜日)~14日(水曜日)19:00から行われます。ただ12日は19:30、14日は18:30から行われます。

【お水取り2018 アクセス・マップ】
場所・・・奈良県奈良市雑司町406-1

*JR 関西本線(大和路線)・奈良駅
*近鉄奈良線・近鉄奈良駅
*JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通・市内循環バスの場合、東大寺大仏殿・春日大社前バス停

広告

【お水取り2018 概要】
お水取り2018では3月1日から14日まで本行が行われ、3月12日深夜(13日午前1時半頃)に二月堂の本尊である大観音・小観音にお香水(おこうずい)を供えます。お水取りでは本行を行う練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりに大松明を持った童子(どうじ)が練行衆に付きます。12日・14日以外は19:00に大鐘が撞かれ、それを合図に行われます。ちなみに12日は19:30・14日は18:30から行われます。大松明は通常10本だが、12日は11本になります。12日は通常の大松明(長さ約6~8メートル・重さ約40キロ)よりも大きな籠松明(長さ約8メートル・重さ約70キロ)が用いられます。なお松明の火の粉を浴びると健康になったり、幸せになったりするご利益があるとも言われています。

●お水取り2018 日程・スケジュール(要確認)

1日~11日・13日19:00~・・・お松明
12日19:30~・・・お松明
14日18:30~・・・お松明

*参考・・・お水取り2018日程

【お水取り 歴史・簡単概要】
お水取り(おみずとり)は752年(天平勝宝4年)2月1日から良弁僧正の高弟・実忠(じっちゅう)が始め、現在まで一度も途切れることなく続けられています。お水取りは二月堂の本尊である大観音・小観音に井戸・若狭井(わかさい)から汲み上げたお香水を供えたことに由来します。ちなみにお水取りは正式には十一面悔過(じゅういちめんけか)と言うが、お水取り以外にも修二会(しゅにえ)とも、お松明(おたいまつ)とも言われます。修二会は旧暦の2月に修する法会、お松明は夜毎松明を灯したことに由来します。なおお水取りでは二月堂の本尊である大観音・小観音に罪を懺悔し、鎮護国家・天下泰安・万民豊楽・五穀豊穣などを祈願しました。
*参考・・・お水取りお水取りwikipedia

【東大寺 歴史・簡単概要】
お水取りを行う東大寺(とうだいじ)は728年(神亀5年)聖武天皇と光明皇后が皇太子・基皇子(もといのみこ)の菩提を追修する為、東大寺初代別当・良弁僧正(ろうべんそうじょう)ら9人の僧を住まわせた若草山の山房を起源とする金鍾寺(こんしゅじ)が起源と言われています。金鍾寺は733年(天平5年)に創建され、741年(天平13年)に国分寺・国分尼寺建立の詔が発せられると翌742年(天平14年)に大和国分寺になり、名称を大和金光明寺(きんこうみょうじ)に改められました。その後743年(天平15年)聖武天皇が大仏造立の詔を発し、滋賀・紫香楽宮で大仏の造立が開始されたが、745年(天平17年)に都が平城京に戻ると東大寺で大仏の造立が開始され、752年(天平勝宝4年)に大仏開眼供養会(だいぶつかいげんくようえ)が行われ、758年(天平宝字2年)には大仏殿が完成しました。なお東大寺は華厳宗の大本山です。
*参考・・・東大寺・お水取り東大寺・お水取りwikipedia

【お水取り2018 備考】
*イベント・お祭りなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
*参考・・・お水取り

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る