由布院大分川沿いの桜並木(桜見ごろ・アクセス・・・)・大分桜名所

由布院大分川沿いの桜並木

由布院大分川沿いの桜並木(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。由布院大分川沿いの桜並木は大分の桜名所です。由布院大分川沿いの桜並木の桜見ごろは例年4月上旬頃です。由布院大分川沿いの桜並木は大分川に架かる御幸橋から城橋(興禅寺)に掛けて続く桜並木です。ただイベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)

【由布院大分川沿いの桜並木 アクセスマップ】
場所・・・大分県由布市湯布院町川上

【由布院大分川沿いの桜並木 アクセス・交通】
*JR由布院駅(徒歩約5分)

【由布院大分川沿いの桜並木 アクセス・駐車場】
駐車場なし

【由布院大分川沿いの桜並木 時間(要確認)】

【由布院大分川沿いの桜並木 料金(要確認)】


【由布院大分川沿いの桜並木 歴史・簡単概要】
由布院大分川沿いの桜並木(ゆふいんおおいたがわのさくらなみき)は大分県由布市湯布院町川上にあります。大分川は九重連山(くじゅうれんざん)東側に位置し、豊後富士(ぶんごふじ)とも称される標高約1,584メートルの由布岳(ゆふだけ)の南西麓を源とし、由布院盆地を貫流して大分平野を形成し、別府湾に注ぐ長さ約55キロの大分川水系の本流で一級河川です。大分川の名称は大分郡の郡名に由来するとも言われています。大分川では「続日本紀(しょくにほんぎ)・平安時代初期編纂」によると白亀が捕獲されて朝廷に献上され、朝廷は非常にめでたい大瑞(だいずい)として「承和(じょうわ)」から「嘉祥(かしょう)」に改元が行われたと言われています。由布院大分川沿いの桜並木は大分川に架かる御幸橋(みゆきばし)から城橋(じょうばし)・興禅院(こうぜんいん)に掛けて続く桜並木です。由布院大分川沿いの桜並木では由布岳をバックに黄色い花を咲かせるナノハナ(菜の花)とともに楽しむことができます。由布岳は約9万年前に火山活動を開始し、東峰と最高峰の西峰からなる活火山です。なお由布院大分川沿いにはゆふいん自然遊歩道が整備されています。由布では観光辻馬車を楽しむこともできます。
由布市(ゆふし)は大分県のほぼ中央に位置しています。由布市の名称は「豊後国風土記」に「由布」の由来である「木綿」・「柚富郷」が記され、一般公募で多数だったことから決まったそうです。由布市は大分市・別府市・宇佐市・竹田市・九重町・玖珠町に接しています。由布市は大分川水系の本流で一級河川・大分川に沿う由布院盆地に位置し、北部に標高約1,583メートルの由布岳・標高約1,168メートルの城ヶ岳、南部に標高約1,170メートルの花牟礼山などが連り、大分川・由布川・阿蘇野川・石城川などが流れています。由布市は瀬戸内海式気候に属するが、由布院盆地が由布岳の麓で標高約450メートルであることから内陸性気候の特徴が強く、気温の日較差が比較的大きく、冬場には最低気温が氷点下になることも多いそうです。由布市には由布院温泉・湯平温泉・塚原温泉などがあり、宿泊・保養施設が整備され、九州有数の観光地・リゾート地になり、夏場にはゆふいん音楽祭・湯布院映画祭などのイベントが行われています。ちなみに由布院温泉は歓楽性が極力排されていることから女性に人気が高いそうです。また由布市は大分市に近いこともあり、大分市のベッドタウンにもなっています。由布市では観光以外にも酪農・畜産・稲作・果樹・野菜などの農業も盛んに行われています。
*参考・・・由布院大分川沿いの桜並木(アクセス・歴史・・・)wikipedia由布院大分川沿いの桜並木(アクセス・歴史・・・)

【由布院大分川沿いの桜並木 見どころ・文化財】
由布院大分川沿いの桜並木の見どころは由布院大分川沿いの桜並木の桜です。由布院大分川沿いの桜並木の桜見ごろは例年4月上旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)ちなみに標準木が5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。また地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。なお桜は夏に花芽がつくられ、その後休眠ホルモンによって一旦休眠状態になり、冬の一定期間の厳しい寒さによって休眠打破が起こり、春の気温の上昇によって開花します。

【由布院大分川沿いの桜並木 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0977-84-2446(由布院温泉観光案内所)

【由布院大分川沿いの桜並木 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
大分桜名所・大分桜見ごろ

関連記事

ページ上部へ戻る