さかほぎ祭り爆裂大花火7/28(日程・時間・・・)

(最新確認中)さかほぎ祭り爆裂大花火2018は2018年7月28日に行われます。さかほぎ祭り爆裂大花火2018では町制施行50周年記念・お祭りのメインイベントにスターマインなど約3,000発の花火が夜空を彩ります。なおさかほぎ祭りでは盆おどり・ステージイベントが行われたり、バザーが行われたりします。(要確認)

【さかほぎ祭り爆裂大花火2018 日程時間(要確認)】
さかほぎ祭り爆裂大花火2018・・・2018年7月28日(土曜日)19:30~20:00(小雨決行・荒天中止)

【さかほぎ祭り爆裂大花火2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・岐阜県加茂郡坂祝町・坂祝小学校南側の木曽川河川敷

*JR坂祝駅
●駐車場なし

広告

【さかほぎ祭り爆裂大花火2018 概要(種類・規模)】
さかほぎ祭り爆裂大花火2018では町制施行50周年記念・お祭りのメインイベントにスターマインなど約3,000発の花火が夜空を彩ります。なおさかほぎ祭りでは盆おどり・ステージイベントが行われたり、バザーが行われたりします。(要確認)
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・さかほぎ祭り爆裂大花火2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【さかほぎ祭り爆裂大花火 歴史・簡単概要】
さかほぎ祭り爆裂大花火(さかほぎまつりばくれつだいはなび)はさかほぎ祭りの一環として行われています。さかほぎ祭り爆裂大花火は毎年7月に行われ、坂祝町の夏の風物詩とも言われています。さかほぎ祭りでは花火大会以外にも様々なイベントが行われたり、バザーが行われたりします。なおさかほぎ祭り爆裂大花火はさかほぎ祭り実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・さかほぎ祭り爆裂大花火

【坂祝町 歴史・簡単概要】
さかほぎ祭り爆裂大花火が行われる坂祝町(さかほぎちょう)は岐阜県中南部に位置しています。坂祝町の名称は式内社とも言われる坂祝神社(さかほぎじんじゃ)に由来しています。ちなみに坂祝神社は起源が明確ではないが、「延喜式神名帳(927年(延長5年))」に「サカハフリ」と記され、それ以前から祀られていたとも言われています。坂祝町は富加町(とみかちょう)・川辺町(かわべちょう)・七宗町(ひちそうちょう)・八百津町(やおつちょう)・白川町(しらかわちょう)・東白川村(ひがししらかわむら)とともに加茂郡(かもぐん)を構成し、岐阜県の関市・美濃加茂市・各務原市・可児市、愛知県の犬山市に接しています。坂祝町は中央部と西部に丘陵性の山地があり、北東部と南部に低地が広がり、木曽三川に数えられる木曽川水系の本流で一級河川・木曽川やいずれも木曽川水系である迫間川(はざまがわ)・加茂川(かもがわ)などが流れています。坂祝町は木曽川に並行して通る旧中山道(国道21号線)沿いに集落があり、木曽川沿いの段丘ではかつて桑畑が多かったが、坂祝町では現在は宅地化が進み、自動車関連の工場などが立地しています。坂祝町ではトマトなどの野菜やセントポーリアなどの花卉の栽培が盛んに行われています。坂祝町は日本ラインとも言われる木曽川中流域を中心とした飛騨木曽川国定公園(ひだきそがわこくていこうえん)の一部になっています。なお坂祝町は1968年(昭和43年)に町制が施行されました。
*参考・・・坂祝町・さかほぎ祭り爆裂大花火坂祝町・さかほぎ祭り爆裂大花火wikipedia

【さかほぎ祭り爆裂大花火2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る