清流の森(紅葉見ごろ2021・・・)熊本紅葉名所

清流の森

清流の森(アクセス・見どころ・・・)情報を紹介しています。清流の森は熊本の紅葉名所です。清流の森の紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。清流の森はどんぐりの森・照葉樹の森・自然観察の森・きよらの森・紅葉の森・せせらぎの森・憩いの森・きのこの森の8つのゾーンに分かれています。紅葉の森・せせらぎの森・憩いの森は紅葉が美しいと言われています。

【清流の森 アクセスマップ】
場所・・・熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺火焼輪智

【清流の森 アクセス・交通】
*九州道熊本IC(車約90分)

【清流の森 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【清流の森 時間(要確認)】
自由

【清流の森 料金(要確認)】
無料

広告

【清流の森 歴史・簡単概要】
清流の森(せいりゅうのもり)は熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺火焼輪智にあります。清流の森はくじゅう連山西側で、黒川温泉の奥(東側)に位置しています。清流の森は標高800~1,000メートルの丘陵地にある面積約約80ヘクタールの森です。清流の森は1991年(平成3年)度から1993年(平成5年)度に林野庁の補助を受け、健康とゆとりの森整備事業として整備されました。樹齢300年のブナ・コナラ・リョウブ・アセビなど自然に分布していた樹木を保存し、広葉樹の植栽・連絡管理道の開設・遊歩道の開設・森林保全の為の防火施設整備・渓流路整備などが行われました。清流の森では筑後川(ちくごがわ)の源流にあたる筑後川水系の田の原川(たのはるがわ)などが流れ、どんぐりの森・照葉樹の森・自然観察の森・きよらの森・紅葉の森・せせらぎの森・憩いの森・きのこの森の8つのゾーンに分かれ、森林浴・自然観察・バードウォッチング・紅葉狩りなどを楽しむことができます。紅葉の森・せせらぎの森・憩いの森は紅葉が美しいと言われています。清流の森には約70種の樹木が分布しています。清流の森には吹き出す亜硫酸ガスで小鳥などが死んだと言われるスズメ地獄・親水公園・展望台などもあります。展望台からは阿蘇五岳の涅槃像(ねはんぞう)などを一望できます。
南小国町(みなみおぐにまち)は熊本県北東部に位置しています。南小国町は小国町(おぐにまち)・産山村(うぶやまむら)・高森町(たかもりまち)・西原村(にしはらむら)・南阿蘇村(みなみあそむら)とともに阿蘇郡(あそぐん)を構成し、熊本県の阿蘇市・小国町・産山村、大分県の日田市・竹田市・九重町に接しています。南小国町は阿蘇外輪山(あそがいりんざん)山麓に位置し、筑後川(ちくごがわ)上流域の小国盆地(おぐにぼんち)南部にあり、筑後川水系の田の原川(たのはるがわ)などが流れています。南小国町では江戸時代に有名な小国スギの育成林業が行われました。ちなみに樹齢約1,000年の金毘羅杉・樹齢約1,000年の竹の熊の大ケヤキも自生しています。南小国町ではスギの育林などの林業・製材業・畜産業が主産業になっています。またシイタケや高冷地野菜の栽培や和牛の飼育も行われています。南小国町ではたかな漬け・シイタケ・マイタケ・ジャージー牛乳などが特産品になっています。南小国町には温泉が豊富で、黒川温泉・満願寺温泉・田の原温泉・白川温泉・小田温泉・湯田温泉・扇温泉などがあります。
*参考・・・清流の森(アクセス・歴史・・・)

【清流の森 見どころ・文化財】
清流の森の見どころは清流の森の紅葉です。清流の森の紅葉は例年10月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月中旬頃です。紅葉の見ごろにクヌギ・コナラ・モミジ・カエデなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。

【清流の森 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0967-42-1111(南小国町まちづくり課)

【清流の森 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
熊本紅葉名所・熊本紅葉見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る