高宮納涼花火大会(日程・時間・・・)

(最新確認中)高宮納涼花火大会2018は2018年7月7日に行われます。高宮納涼花火大会2018では高宮神社夏祭りの奉納行事として、カウントダウン玉・スターマインの3ヶ所打ちや5ヶ所打ち・かわり花火・仕掛花火・終盤のミュージックスターマインなど約3,950発の花火が夜空を彩ります。なお高宮神社夏祭りでは高宮神社の御神火・子ども神輿巡行なども行われるそうです。

【高宮納涼花火大会2018 日程時間(要確認)】
高宮納涼花火大会2018・・・2018年7月7日(土曜日)20:00~21:00(雨天決行・荒天順延)

【高宮納涼花火大会2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・滋賀県彦根市・犬上川無賃橋付近一帯

*近江鉄道・高宮駅
●駐車場なし

広告

【高宮納涼花火大会2018 概要(種類・規模)】
高宮納涼花火大会2018では高宮神社夏祭りの奉納行事として、カウントダウン玉・スターマインの3ヶ所打ちや5ヶ所打ち・かわり花火・仕掛花火・終盤のミュージックスターマインなど約3,950発の花火が夜空を彩ります。なお高宮神社夏祭りでは高宮神社の御神火(花火大会の元火)・子ども神輿巡行なども行われるそうです。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・あり
*参考・・・高宮納涼花火大会2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【高宮納涼花火大会 歴史・簡単概要】
高宮納涼花火大会(かみやのうりょうはなびたいかい)は明治時代に始まったとも言われています。高宮納涼花火大会は第100回目を超える歴史ある花火大会です。高宮納涼花火大会は例年滋賀県内で最初に開催され、湖東に夏の到来を告げる花火大会とも言われています。なお高宮納涼花火大会は高宮商工繁栄会が主催し、彦根市・高宮学区連合自治会が後援して行われています。
*参考・・・高宮納涼花火大会高宮納涼花火大会wikipedia

【彦根市 歴史・簡単概要】
高宮納涼花火大会が行われる彦根市(ひこねし)は滋賀県の北東部に位置しています。ちなみに彦根市の名称は天照大神(あまてらすおおみかみ)が左手に巻いていた玉から生まれたとされる活津彦根命(いくつひこねのみこと)が彦根山に祀られたことに由来すると言われています。彦根市は米原市・多賀町・甲良町・豊郷町・愛荘町・東近江市に接しています。彦根市は日本最大の面積と貯水量を誇る琵琶湖の東岸に位置し、湖岸の沖積地と標高約1,094メートルの霊仙山(りょうぜんざん)に続く山地にあり、琵琶湖に浮かぶ多景島(たけしま)も市域に含まれています。彦根市は古来から交通の結節点にあり、中世以降に滋賀県第一の大社とも言われる多賀大社(たがたいしゃ)の参詣道、江戸時代に中山道の宿場町(鳥居本宿・高宮宿)・松原湊の港町として栄えました。また1622年(元和8年)に彦根城(金亀城)が彦根山(金亀山・こんきやま)に築城されると徳川幕府の譜代大名・彦根藩35万石の城下町として発展しました。ちなみに彦根市はマスコットキャラクターであるひこにゃんや松原水泳場で行われる鳥人間コンテスト選手権大会が広く知られています。なお彦根市は1937年(昭和12年)に市制に移行しました。
*参考・・・彦根市・高宮納涼花火大会彦根市・高宮納涼花火大会wikipedia

【高宮納涼花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る