高岡公園(桜見ごろ・アクセス・・・)・鹿児島桜名所

高岡公園

高岡公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。高岡公園は鹿児島の桜名所です。高岡公園の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月中旬頃です。高岡公園にはソメイヨシノ(染井吉野)など約300本の桜の木が植えられ、ライトアップが行われます。(要確認)高岡公園からは夜に美しい夜景を眺めることもでき、人気の夜景スポットにもなっています。

【高岡公園 アクセスマップ】
場所・・・鹿児島県姶良市加治木町西別府2944

【高岡公園 アクセス・交通】
*JR日豊本線錦江駅(車約10分)

【高岡公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【高岡公園 時間(要確認)】

【高岡公園 料金(要確認)】


【高岡公園 歴史・簡単概要】
高岡公園(たかおかこうえん)は鹿児島県姶良市加治木町西別府にあります。高岡公園は標高約155メートルの高台に整備された公園です。高岡公園からは姶良の街並みや雄大な標高約1,117メートルの桜島(さくらじま)・鹿児島湾(錦江湾(きんこうわん))などを一望することができます。高岡公園からは夜に美しい夜景を眺めることもでき、人気の夜景スポットにもなっています。高岡公園にはアスレチックの遊び場・展望台・テニスコートなどがあります。高岡公園までの道には隈原地区名産・くまはいニンジンの畑が広がり、アスレチックにはニンジンをモチーフにした遊具(ニンジンの滑り台)もあります。その為高岡公園はニンジン公園とも言われています。ちなみにくまはいニンジンは隈原台地などで栽培され、フルーツと思わせるほどの甘さ・糖度9もあります。隈原台地では120年以上前の明治時代にニンジンの栽培が始まり、12月末から3月上旬まで収穫されるそうです。高岡公園にはソメイヨシノ(染井吉野)など約300本の桜の木が植えられています。高岡公園では例年桜が見ごろを迎える時期に桜ライトアップが行われています。(要確認)
姶良市(あいらし)は鹿児島県中央部に位置しています。姶良市は鹿児島市・薩摩川内市・霧島市・さつま町に接しています。姶良市はいずれも鹿児島県南部にあり、鹿児島湾(錦江湾)東岸の大隅半島(おおすみはんとう)と鹿児島湾西岸の薩摩半島(さつまはんとう)の結束部に位置し、思川 (おもいがわ)・別府川(べっぷがわ)・網掛川(あみかけがわ)・日木山川(ひきやまがわ)が形成した姶良平野(あいらへいや)にあり、南側を鹿児島湾に面しています。姶良市は北部が北薩火山群(ほくさつかざんぐん)に属する丘陵地でシラス台地が広がり、南部に沖積平野が広がっています。姶良市には旧石器時代の大原遺跡・縄文時代の干迫遺跡(ほしざこいせき)などがあり、古くから人が住んでいたとも言われています。干迫遺跡からは北部九州・中部九州方面との盛んな交流を示す遺物が出土しています。姶良市では平安時代以降に蒲生院(かもういん)・帖佐郷(ちょうさごう)・加治木郷(かじきごう)などの院・郷が成立しました。姶良市にはかつて大良(おおら)・仁田尾(にたお)・上漆之(かみうるしの)・高嶺(たかみね)などの金山が開発されたが、昭和初期までに閉山になりました。姶良市にはJR日豊本線・国道10号が通じ、九州自動車道が市域南部を横断し、鹿児島空港にも近いことから鹿児島市のベッドタウンになっています。
*参考・・・高岡公園(アクセス・歴史・・・)高岡公園(アクセス・歴史・・・)

【高岡公園 見どころ・文化財】
高岡公園の見どころは高岡公園の桜です。高岡公園の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)ちなみに標準木が5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。また地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。なお桜は夏に花芽がつくられ、その後休眠ホルモンによって一旦休眠状態になり、冬の一定期間の厳しい寒さによって休眠打破が起こり、春の気温の上昇によって開花します。

【高岡公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0995-62-2111(姶良市加治木総合支所)

【高岡公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
鹿児島桜名所・鹿児島桜見ごろ

関連記事

ページ上部へ戻る