多良峡(紅葉見ごろ2020・・・)岐阜紅葉名所

多良峡

多良峡

多良峡(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。多良峡は岐阜の紅葉名所です。多良峡の紅葉見ごろは例年11月下旬頃です。多良峡は大垣市に編入された上石津町(かみいしづちょう)時代から多良峡森林公園(大垣市多良峡森林公園)として整備され、遊歩道・休憩所などが設けられています。多良峡では紅葉と散策を楽しむことができます。

【多良峡 アクセスマップ】
場所・・・岐阜県大垣市上石津町・多良峡森林公園

【多良峡 アクセス・交通】
*大垣駅からバス・大垣多良線の場合、下多良バス停

【多良峡 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【多良峡 時間(要確認)】

【多良峡 料金(要確認)】

広告

【多良峡 歴史・簡単概要】
多良峡(たらきょう)は岐阜県大垣市上石津町にあります。多良峡は大垣市上石津町にある標高約505メートルの五僧峠(ごそうとうげ)付近を源とする木曽川(きそがわ)水系の一級河川・牧田川(まきたがわ)に形成された長さ約2.2キロの渓谷です。多良峡は大垣市に編入された上石津町(かみいしづちょう)時代から林野庁の森林空間総合整備事業で、多良峡森林公園(大垣市多良峡森林公園)として整備され、遊歩道・つり橋・休憩所などがあります。多良峡は周辺にモミジ・ケヤキ・コナラやツツジ・フジ・ヤマブキなどが分布し、長彦神社(ながひこじんじゃ)周辺の紅葉が美しいとも言われています。ちなみに多良峡の美しい紅葉は日本紅葉の名所100選に選ばれている京都・嵐山(あらしやま)に因んで、一之瀬嵐山(いちのせあらしやま)とも言われているそうです。なお多良峡は関ヶ原古戦場(せきがはらこせんじょう)・養老の滝(ようろうのたき・養老渓谷)などともに揖斐関ヶ原養老国定公園(いびせきがはらようろうこくていこうえん)に属しています。多良峡は飛騨・美濃紅葉33選や岐阜県の名水五十選・大垣市景観遺産に選ばれています。
大垣市(おおがきし)は岐阜県南西部(西濃地方)に位置しています。大垣市は日本列島の一番ど真ん中にある都市と称しています。大垣市は岐阜県の岐阜市・羽島市・瑞穂市・安八町・神戸町・輪之内町・垂井町・関ケ原町・池田町・養老町、滋賀県の米原市・多賀町、三重県のいなべ市に接しています。大垣市は編入により、東方の墨俣地区・南西方の上石津地区が飛び地になっています。大垣市は岐阜県南西部から愛知県北西部などに広がる濃尾平野(美濃平野 )北西部に位置し、東部を木曽三川(きそさんせん)に数えられる木曽川水系の一級河川・揖斐川(いびがわ)が南流しています。大垣市には市域に堤防で囲まれた水防共同体輪中(わじゅう)があります。大垣市は弥生土器が出土したり、古墳群があったりすることから古くから開けていたとも言われています。大垣市は奈良時代に東大寺の荘園・大井荘が置かれ、不破駅も置かれたと言われています。大垣市は室町時代の1535年 (天文4年) に大垣城が築城されるとその城下町になり、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの際に大垣城が一時西軍の本拠地になりました。大垣市は江戸時代に美濃路の宿場町・揖斐川の河港として発達しました。なお大垣市は古くから交通の要衝で、東海道本線・樽見鉄道・養老鉄道が通じ、名神高速道路のインターチェンジもあります。
*参考・・・多良峡(アクセス・歴史・・・)多良峡(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【多良峡 見どころ・文化財】
多良峡の見どころは多良峡の紅葉です。多良峡の紅葉は例年11月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月下旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・ケヤキ・コナラなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。

【多良峡 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0584-81-4111(大垣市商工観光課)

【多良峡 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
岐阜紅葉名所・岐阜紅葉見ごろ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る