天覧山(紅葉見ごろ11月下旬頃)埼玉紅葉名所

天覧山

天覧山

天覧山(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。天覧山は埼玉の紅葉名所です。天覧山の紅葉見ごろは例年11月下旬頃です。天覧山は標高が低いことから手軽なハイキングコースとなっており、紅葉とハイキングを楽しむことができます。天覧山は山頂に奇岩が露出し、飯能市街を一望できるだけでなく、遠くに富士山や東京スカイツリーを見ることもできます。

【天覧山 アクセスマップ】
場所・・・埼玉県飯能市飯能

【天覧山 アクセス・交通】
*西武池袋線飯能駅(徒歩約20分)
*JR東飯能駅(徒歩約25分)

*圏央道狭山日高IC(車約10分)

【天覧山 アクセス・駐車場】
駐車場なし

【天覧山 時間(要確認)】
確認中

【天覧山 料金(要確認)】
確認中

広告

【天覧山 歴史・簡単概要】
天覧山(てんらんざん)は埼玉県飯能市飯能にあります。天覧山は標高約197メートルの山(丘陵)です。天覧山は元々山麓に建立されている曹洞宗の寺院・能仁寺(のうにんじ)がイザナミ(伊邪那美)を垂迹神として地蔵菩薩を本地仏とする愛宕権現(あたごごんげん)を祀っていたことから愛宕山と言われていました。ちなみに能仁寺は寺伝によると室町時代後期の1501年(文亀元年)に武蔵国高麗郡加治の豪族・中山家勝が曹洞宗通幻派の名僧・斧屋文達を招じて創建したとも言われています。その後江戸時代前期に徳川幕府5代将軍・徳川綱吉(とくがわつなよし)の母・桂昌院(けいしょういん)が綱吉の病気平癒のお礼に十六羅漢の石仏を寄進したことから愛宕山は羅漢山と言われるようになりました。1883年(明治16年)4月18日に第122代・明治天皇が山頂から山麓で行なわれた近衛兵春季小演習を統監したことから羅漢山は天覧山と言われるようになりました。天覧山はモミジ・カエデなどが分布しています。天覧山にはムササビ・タヌキ・ヘイケボタル・ホトケドジョウ・トウキョウサンショウウオなどが生息しています。なお天覧山近くには飯能河原・多峰主山・宮沢湖・巾着田などがあります。
飯能市(はんのうし)は埼玉県の南部に位置しています。飯能市は埼玉県の入間市・狭山市・日高市・秩父市・横瀬町・ときがわ町・越生町・毛呂山町、東京都の青梅市・奥多摩町に接しています。飯能市は群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県・長野県・山梨県の1都5県にまたがる秩父山地(ちちぶさんち)東麓に位置し、東部が関東平野西端にあたり、入間川(いるまがわ)・高麗川(こまがわ)などが流れています。飯能市は市域のほとんどが山地と丘陵地で、市域の約7割を山林が占めています。飯能市は秩父市と横瀬町の境界にある標高約1,294メートルの大持山(おおもちやま)を源とする入間川(名栗川(なぐりがわ))の谷口集落として発達し、中世から林業が盛んになりました。飯能市は江戸時代に江戸で相次いだ火事により、西川材(にしかわざい)と言われたスギ・ヒノキの集散地と縄市とも言われた六斎市の市場町として栄えました。飯能市は伝統的な木製品工業だけでなく、高度成長期の1960年代から電気機器・一般機器などの工場が進出し、工業化・宅地化が進みました。
*参考・・・天覧山(アクセス・歴史・・・)

【天覧山 見どころ・文化財】
天覧山の見どころは天覧山の紅葉です。天覧山の紅葉は例年11月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月下旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・カエデなどが色付きます。紅葉のビュースポットは山頂・十六羅漢です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。

【天覧山 連絡先(要確認)】
電話番号・・・042-974-7900(飯能観光案内所)

【天覧山 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2021年(令和3年)11月
埼玉紅葉名所・埼玉紅葉見ごろ

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る