十和田湖湖水まつり7/14・15(日程・時間・・・)

(最新確認中)十和田湖湖水まつり2018は2018年7月14日・15日に行われます。十和田湖湖水まつり2018では十和田湖の夏の観光シーズンの幕開けに湖上から3号玉・4号玉・スターマインなど約1,600発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。十和田湖湖水まつり2018では遊覧船が運航し、遊覧船から花火を見ることもできるそうです。

【十和田湖湖水まつり2018 日程時間(要確認)】
十和田湖湖水まつり2018・・・2018年7月14日(土曜日)・15日(日曜日)20:00~20:40頃(小雨決行・荒天延期)

【十和田湖湖水まつり2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・青森県十和田市・十和田湖畔休屋

*JR八戸駅からバス・十和田湖行きの場合、十和田湖
●有料駐車場あり

広告

【十和田湖湖水まつり2018 概要(種類・規模)】
十和田湖湖水まつり2018では十和田湖の夏の観光シーズンの幕開けに湖上から3号玉・4号玉・スターマインなど約1,600発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。十和田湖湖水まつり2018では遊覧船が運航し、遊覧船から花火を見ることもできるそうです。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・なし
*参考・・・十和田湖湖水まつり2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【十和田湖湖水まつり 歴史・簡単概要】
十和田湖湖水まつり(とわだここすいまつり)は第50回目を超える歴史あるお祭りです。十和田湖湖水まつりは十和田湖に夏の観光シーズン幕開けを告げるお祭りとも言われています。十和田湖湖水まつりでは花火大会以外にも様々なイベントが行われます。なお十和田湖湖水まつりは十和田湖湖水まつり実行委員会が主催し、十和田市・小坂町・自然公園財団十和田支部・原子力文化財団が支援して行われています。
*参考・・・十和田湖湖水まつり十和田湖湖水まつりwikipedia

【十和田市 歴史・簡単概要】
十和田湖湖水まつりが行われる十和田市(とわだし)は青森県の南東部に位置しています。十和田市は青森県の青森市・平川市・六戸町・七戸町・東北町・五戸町・新郷村、秋田県の鹿角市・小坂町に接しています。十和田市は洪積台地である三本木原台地に位置し、標高1,584メートルの八甲田山南斜面から日本国内で12番目に大きい十和田湖畔に広がり、十和田湖を源とする奥入瀬川水系の本流で二級河川・奥入瀬川(おいらせがわ)が貫流しています。十和田市はかつては水に乏しくて開拓の遅れた原野で、古くから馬の飼育が盛んに行われ、江戸時代に奥州街道の宿駅であった三本木では馬市が行われていました。1855年(安政2年)頃から東京女子大学初代学長・新渡戸稲造(にとべいなぞう)の祖父で、南部藩勘定奉行・新渡戸傳(にとべつとう)が奥入瀬川の水を引き入れて開拓を開始し、約100年後の1960年(昭和35年)に完成しました。十和田市は開拓事業の進行とともに発達し、広く計画された碁盤目状の道路が東西南北に走っています。十和田市は現在稲作などの農業や畜産・酪農が盛んに行われています。十和田市には十和田湖・奥入瀬などの観光スポットがあります。なお十和田市は1955年(昭和30年に市制に移行しました。
*参考・・・十和田市・十和田湖湖水まつり十和田市・十和田湖湖水まつりwikipedia

【十和田湖湖水まつり2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る