鶴ヶ島市運動公園(桜見ごろ・アクセス・・・)・埼玉桜名所

鶴ヶ島市運動公園

鶴ヶ島市運動公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。鶴ヶ島市運動公園は埼玉の桜名所です。鶴ヶ島市運動公園の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。鶴ヶ島市運動公園にはソメイヨシノ(染井吉野)などの桜の木が植えられ、鶴ヶ島桜まつり・夜桜のライトアップが行われます。(要確認)光に照らされた桜が水面に浮かび上がります。

【鶴ヶ島市運動公園 アクセスマップ】
場所・・・埼玉県鶴ヶ島市大字太田ヶ谷201-8

【鶴ヶ島市運動公園 アクセス・交通】
*東武鉄道若葉駅からつるバス・南北線の場合、柳戸町バス停(徒歩約5分)

【鶴ヶ島市運動公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【鶴ヶ島市運動公園 時間(要確認)】

【鶴ヶ島市運動公園 料金(要確認)】


【鶴ヶ島市運動公園 歴史・簡単概要】
鶴ヶ島市運動公園(つるがしましうんどうこうえん)は埼玉県鶴ヶ島市大字太田ヶ谷にあります。鶴ヶ島市運動公園は自然の生態系を配慮して整備された緑の多い運動公園です。鶴ヶ島市運動公園には既存の樹木を最大限に活用した樹林地・太田ヶ谷沼を中心とした水辺・メイングラウンドを中心とした運動施設(サブグラウンド・多目的広場A・多目的広場B・会議室・シャワー設備・夜間照明設備)・桜の広場・親水広場・自然観察の森・ あずまや・管理事務所(パークセンター)などがあります。ちなみにメイングラウンドは両翼75メートル・外野芝生で、ソフトボールなど利用されています。サブグラウンドは両翼80メートル・外野芝生で、ソフトボール・グラウンドゴルフなど球技など利用されています。太田ヶ谷沼は親水デッキ・木デッキが設置され、水上から沼の自然や風景が楽しめます。桜の広場は中央部分にシェルター付パーゴラが設置され、園路が整備されています。桜の広場では花見やピクニックが楽しめます。鶴ヶ島市運動公園にはソメイヨシノ(染井吉野)などの桜の木が植えられています。鶴ヶ島市運動公園では桜が見ごろを迎える時期に鶴ヶ島桜まつりが行われたり、夜桜のライトアップが行われたりします。鶴ヶ島桜まつりでは週末にステージイベントが行われたり、模擬店が出店したりします。(要確認)
鶴ヶ島市(つるがしまし)は埼玉県中央部に位置しています。鶴ヶ島市は川越市・坂戸市・日高市に接しています。鶴ヶ島市は秩父市と秩父郡横瀬町の境にある標高約1,294メートルの大持山(おおもちやま)を源とする入間川(いるまがわ・名栗川(なぐりがわ))以北に広がる入間台地の先端部に位置し、越辺川(おっぺがわ)の支流の飯盛川(いいもりがわ)・大谷川(おおたにがわ)などが流れ、池尻池・雷電池(らいでんいけ)・逆木ノ池・太田ヶ谷沼などがあります。鶴ヶ島市には青棚遺跡・鶴ヶ丘遺跡・若葉台遺跡・雷電池東遺跡・お寺山遺跡などがあり、古くから人が住んでいたとも言われています。鶴ヶ島市はかつて田・畑・林が大部分を占め、入間台地上で野菜・お茶(狭山茶(さやまちゃ))などを生産する農村地帯でした。その後東武東上線・東武越生線(おごせせん)・国道407号が通じ、関越自動車道鶴ヶ島インターチェンジ・首都圏中央連絡自動車道の圏央鶴ヶ島インターチェンジが設置されると急速に都市化し、宅地化・工業化も進みました。鶴ヶ島市では旧陸軍坂戸飛行場跡が富士見工業団地や都市再生機構の住宅団地になりました。
*参考・・・鶴ヶ島市運動公園(アクセス・歴史・・・)鶴ヶ島市運動公園(アクセス・歴史・・・)

【鶴ヶ島市運動公園 見どころ・文化財】
鶴ヶ島市運動公園の見どころは鶴ヶ島市運動公園の桜です。鶴ヶ島市運動公園の桜見ごろは例年3月下旬頃~4月上旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)ちなみに標準木が5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。また地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。なお桜は夏に花芽がつくられ、その後休眠ホルモンによって一旦休眠状態になり、冬の一定期間の厳しい寒さによって休眠打破が起こり、春の気温の上昇によって開花します。

【鶴ヶ島市運動公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・049-271-1111

【鶴ヶ島市運動公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
埼玉桜名所・埼玉桜見ごろ

関連記事

ページ上部へ戻る