宇甘渓(紅葉見ごろ2021・・・)日本紅葉の名所100選

宇甘渓

宇甘渓(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。宇甘渓は日本紅葉の名所100選に選ばれた紅葉名所です。宇甘渓の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。宇甘渓では水辺の散策道が整備され、20基の句碑が配された川柳の小道なども造られ、紅葉と散策を楽しむことができます。また宇甘渓では毎週日曜日には青空市も開催されているそうです。(要確認)

【宇甘渓 アクセスマップ】
場所・・・岡山県加賀郡吉備中央町

【宇甘渓 アクセス・交通】
*JR金川駅(車約20分)

【宇甘渓 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【宇甘渓 時間(要確認)】

【宇甘渓 料金(要確認)】

広告

【宇甘渓 歴史・簡単概要】
宇甘渓(うかいけい)は岡山県加賀郡吉備中央町にあります。宇甘渓は岡山三大河川の一つに数えられる一級河川・旭川(あさひがわ)の支流で一級河川・宇甘川(うかいがわ)の中流域にある長さ約5キロの渓谷です。宇甘川は中国山地と瀬戸内海沿岸の平野の間で、兵庫県から山口県に広がる吉備高原(きびこうげん)に属する標高約608メートルの大和山(おおわさん)付近を源とし、中流で宇甘渓を形成して、その後岡山市北区御津金川付近で旭川に合流しています。宇甘渓は宇甘川の谷間が極度に狭まり、激流の侵食によって岩が削られ、長さ5キロに渡って絶壁や奇岩が形成されています。宇甘渓では急峻な斜面にモミ・ツガを中心として天然林などが広がっています。また宇甘渓にはランドマークとも、シンボルとも言われる長さ約50メートルの朱塗りの赤橋も架けられています。ちなみに赤橋はかつて老朽化によって長く通行止めになっていたが、現在は復旧されたそうです。赤橋では例年紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップが行われているそうです。(要確認)なお宇甘渓は吉備清流県立自然公園(きびせいりゅうけんりつしぜんこうえん)に属しています。吉備清流県立自然公園は宇甘渓や旭川中流域一帯を含む面積約44.28平方キロの自然公園です。吉備清流県立自然公園には古くから文化が開けていたこともあり、志呂神社(しろじんじゃ)・円城寺(えんじょうじ)・両山寺(りょうさんじ)などの神社仏閣が多数あります。
*参考・・・宇甘渓(アクセス・歴史・・・)宇甘渓(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【宇甘渓 見どころ・文化財】
宇甘渓の見どころは宇甘渓の紅葉です。宇甘渓の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・カエデ・ウルシなどが色付きます。紅葉のビュースポットは赤橋です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。

【宇甘渓 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0866-54-1301(吉備中央町観光協会)

【宇甘渓 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
●日本紅葉の名所100選

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る