和歌山紅葉見ごろ・時期

和歌山紅葉見ごろ・時期を紹介しています。和歌山県には日本紅葉の名所100選に選ばれた高野龍神スカイラインや玉川峡、大塔渓谷、紅葉渓庭園・西之丸庭園、奇絶峡、福定の大銀杏などの紅葉名所があります。ちなみに高野龍神スカイラインでは紅葉が見ごろを迎える時期にイロハモミジ・カエデなどが色付きます。

【和歌山紅葉見ごろ・時期 高野龍神スカイライン】日本紅葉の名所100選
●紅葉見ごろ・時期・・・例年10月下旬頃~11月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・イロハモミジ・カエデ
高野龍神スカイライン(こうやりゅうじんスカイライン)は和歌山県伊都郡高野町奥の院交差点と和歌山県田辺市龍神村を結ぶ長さ42.7キロの道路です。高野龍神スカイラインは大阪府河内長野市・本町(七つ辻)交差点と和歌山県東牟婁郡串本町・国道42号交点を結ぶ長さ244.7キロの一般国道・国道371号の一部です。国道371号は1975年(昭和50年)4月1日に和歌山県田辺市から橋本市の区間が開通したのが始まりです。高野龍神スカイラインは高野龍神国定公園(こうやりゅうじんこくていこうえん)内を縦貫し、和歌山県・奈良県の県境にまたがる1,000メートル級の紀伊山地などの尾根に沿って、紀伊半島の高野山から和歌山県の最高峰である標高約1,372メートルの護摩壇山(ごまだんざん)を経て、龍神温泉までを結んでいます。
高野龍神スカイライン 和歌山紅葉見ごろ・時期

【和歌山紅葉見ごろ・時期 玉川峡】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~12月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ・ケヤキ
玉川峡(たまがわきょう)は和歌山県橋本市北宿にあります。玉川峡は和歌山県伊都郡高野町富貴を源とする紀の川(きのかわ・吉野川(よしのがわ))の支流・紀伊丹生川(にゅうがわ)中流部に形成された長さ約12キロの峡谷です。玉川峡は粘板岩(ねんばんがん)・紅簾片岩(こうれんへんがん)などが混じる硬砂岩層(こうさがんそう)を紀伊丹生川が侵食し、河床のポットホールである甌穴(おうけつ)・奇岩怪石・大小様々な瀑布が連続しています。奇岩怪石には亀石・猿飛石・枡石、瀑布には高さ約25メートル・最大幅3メートルの丹生滝(丹生の滝)・三ツ滝などがあり、奇岩怪石は玉川四十八石とも言われています。
玉川峡 和歌山紅葉見ごろ・時期

広告

【和歌山紅葉見ごろ・時期 大塔渓谷】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~12月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・ブナ・ヤマウルシ・ミズナラ
大塔渓谷(おおとうけいこく)は和歌山県田辺市本宮町にあります。大塔渓谷は田辺市と古座川町の境界にあり、熊野三千六百峰を一望できる標高約1,112メートルの大塔山(おおとうざん)を源とする熊野川(くまのがわ・新宮川)の支流・大塔川に形成された長さ約8キロの渓谷です。ちなみに大塔川は本州南限のブナ林植生地である大塔山を源とするこもあり、水中に懸濁物(けんだくぶつ)のシルトが少なく、清流は透明度が高く、青く見えます。大塔渓谷では大塔川両岸に峻峰がそそり立ち、絶壁・奇岩・深淵・滝などが続きます。大塔渓谷ではカタマンボ付近の奇岩・絶壁が絶景とも言われています。
大塔渓谷 和歌山紅葉見ごろ・時期

【和歌山紅葉見ごろ・時期 紅葉渓庭園・西之丸庭園】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月下旬頃~12月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・カエデ・イロハモミジ
紅葉渓庭園(もみじだにていえん)・西之丸庭園(にしのまるていえん)は和歌山県和歌山市一番丁にあります。紅葉渓庭園は国の史跡に指定されている和歌山城内にある面積約8,217平方メートルの日本庭園・回遊式庭園・大名庭園です。紅葉渓庭園は江戸時代初期の1619年(元和5年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康の十男で、紀州徳川家の祖・徳川頼宣(とくがわよりのぶ)が入府した際に現在の姿に近い状態に整備されたとも言われています。紅葉渓庭園では1970年代から発掘調査と復元整備が開始され、中島にある鳶魚閣(えんぎょかく)の再建の際に和歌山城全体の地鎮に使われた江戸時代初期の地鎮具一式が出土しました。
紅葉渓庭園・西之丸庭園 和歌山紅葉見ごろ・時期

【和歌山紅葉見ごろ・時期 奇絶峡】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~11月下旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・モミジ
奇絶峡(きぜつきょう)は和歌山県田辺市秋津川にあります。奇絶峡は上流部が南東側の左会津川(ひだりあいづがわ)と北西側の右会津川(みぎあいづがわ)に分かれる会津川(あいづがわ)の支流・右会津川上流部に形成された長さ約2キロの峡谷です。奇絶峡は岩盤を右会津川が侵食し、両岸に絶壁が差し迫り、大小無数の奇岩・巨岩が立ち並び、密教の本尊・大日如来(だいにちにょらい)の化身とも言われる不動明王(ふどうみょうおう)を祀る不動滝(赤城滝)などがあります。奇絶峡には不動滝の上流約100メートルに日本画家・堂本印象(どうもといんしょう)が描いた原画を基に一枚岩に刻まれた磨崖仏(まがいぶつ)・磨崖三尊大石仏があります。
奇絶峡 和歌山紅葉見ごろ・時期

【和歌山紅葉見ごろ・時期 福定の大銀杏】
●紅葉見ごろ・時期・・・例年11月中旬頃~12月上旬頃
●紅葉樹木種類・・・・・福定の大銀杏
福定の大銀杏(ふくさだのおおいちょう)は和歌山県田辺市中辺路町福定にあります。福定の大銀杏は宝泉寺(ほうせんじ)境内に植えられている樹齢400年以上の雄株の銀杏です。ちなみに宝泉寺は臨済宗東福寺(りんざいしゅうとうふくじ)派の小さな寺院です。福定の大銀杏は高さ約22メート・幹の周囲約5.3メートルです。福定の大銀杏は根元から高さ約4メートルで、太い幹が数本に分かれ、更に数十本の枝が放射状に四方に伸びていることから千本銀杏(せんぼんいちょう)とも言われています。
福定の大銀杏 和歌山紅葉見ごろ・時期

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る