八乙女公園(桜見ごろ2022早め・・・)秋田桜名所

八乙女公園

八乙女公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。八乙女公園は秋田の桜名所です。八乙女公園の桜見ごろは例年4月下旬頃~5月上旬頃です。八乙女公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・ヤマザクラ(山桜)など約2,000本の桜の木が植えられ、なかせん桜まつり・ライトアップが行われています。(要確認)

【八乙女公園 アクセスマップ】
場所・・・秋田県大仙市長野字長野山

【八乙女公園 アクセス・交通】
*JR角館駅(車約15分)、JR羽後長野駅(車約5分)

【八乙女公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【八乙女公園 時間(要確認)】
自由

【八乙女公園 料金(要確認)】
無料

広告

【八乙女公園 歴史・簡単概要】
八乙女公園(やおとめこうえん)は秋田県大仙市長野字長野山にあります。八乙女公園は秋田県と岩手県の県境にそびえる標高約1,541.4メートルの大深岳(おおぶかだけ)を源とする雄物川(おものがわ)水系の一級河川・玉川(たまがわ)とその支流で一級河川・斉内川(さいないがわ)の合流点西側にある標高約100メートルの八乙女山に整備された公園です。八乙女山は平安時代中期に八幡太郎(はちまんたろう)とも言われた陸奥国守・源義家(みなもとのよしいえ)と安倍貞任 (あべのさだとう)が戦った前九年の役(ぜんくねんのえき)の古戦場として数々の伝説が残された場所です。源義家・源頼義(みなもとのよりよし)親子と安倍貞任・安倍頼時(あべのよりとき)親子は約12年間にわたって戦いを続け、源義家・源頼義親子は豪族・清原武則(きよはらのたけのり)を味方に付け、安倍氏を滅ぼしました。八乙女公園では1919年(大正8年)から3年掛かりで高橋竹治らが奈良の吉野山(よしのやま)のように桜が咲く場所にしようと考え、かつて共有林だった八乙女山にソメイヨシノ(染井吉野)3,000本を植えました。現在、八乙女公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・ヤマザクラ(山桜)など約2,000本の桜の木が植えられています。八乙女公園には遊歩道が整備され、桜の木の下を散策することができます。山頂からは一帯を眺めることができます。道の駅なかせん周辺の斉内川土手の桜も美しいと言われています。
大仙市(だいせんし)は秋田県南東部に位置しています。大仙市の名称は大曲市の「大」と仙北郡の「仙」を合わせたものです。大仙市は秋田県の秋田市・由利本荘市・横手市・仙北市・美郷町、岩手県の西和賀町に接しています。大仙市は北部から西部に出羽山地(出羽丘陵)・東部に日本最長の山脈である奥羽山脈があり、横手盆地西部から真昼山地に位置し、大仙山を源とする一級河川・雄物川(おものがわ)や雄物川水系の一級河川・横手川などが流れています。大仙市の面積は東京23区の面積よりも広い、866.67平方キロメートルにもなります。大仙市の大曲地区は江戸時代に羽州街道の宿場町で本陣が置かれたことから仙北地方の商業の中心地になり、角間川は雄物川舟運の要所となって河港として栄えたそうです。大仙市は大曲地区に市役所本庁が置かれ、国や県の出先機関も集中しているそうです。大仙市は昭和初期に完成した田沢疏水などにより、秋田県内有数の穀倉地帯で、稲作や果樹・野菜の栽培が盛んに行われています。
*参考・・・八乙女公園(アクセス・歴史・・・)

【八乙女公園 見どころ・文化財】
八乙女公園の見どころは八乙女公園の桜です。八乙女公園の桜見ごろは例年4月下旬頃~5月上旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【八乙女公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0187-56-2111(大仙市中仙支所)

【八乙女公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
秋田桜名所・秋田桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る