湯沢高原パノラマパーク(紅葉見ごろ・アクセス・・・)・新潟紅葉名所

湯沢高原パノラマパーク

湯沢高原パノラマパーク(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。湯沢高原パノラマパークは新潟の紅葉名所です。湯沢高原パノラマパークの紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。湯沢高原では紅葉が見ごろを迎える時期に秋の収穫祭が行われ、名物のきのこ汁・長岡ポークの串焼き・コシヒカリを使ったおにぎりなどが販売されます。(要確認)

【湯沢高原パノラマパーク アクセスマップ】
場所・・・新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490

【湯沢高原パノラマパーク アクセス・交通】
*ロープウェイステーションからロープウェイ

【湯沢高原パノラマパーク アクセス・駐車場】
駐車場あり

【湯沢高原パノラマパーク 時間(要確認)】
ロープウェイ
8:40~17:00

【湯沢高原パノラマパーク 料金(要確認)】
ロープウェイ
往復券・・・大人2,000円、子供1,000円

【湯沢高原パノラマパーク 歴史・簡単概要】
湯沢高原パノラマパーク(ゆざわこうげんパノラマパーク)は新潟県南魚沼郡湯沢町にあります。湯沢高原パノラマパークは山麓から山頂までの長さ約1,303メートル・高低差約500メートルを約7分間(秒速約5メートル)で結ぶ湯沢高原ロープウェイの山頂駅近くにあります。ちなみに湯沢高原ロープウェイは長さ約8.8メートル・幅約4.25メートル・高さ約2.45メートルで、最大大人166名を運ぶことができ、長野県の竜王ロープウェイと並び世界最大級とも言われています。また山頂駅前には雲の上のカフェのテラス席があります。湯沢高原パノラマパークからは魚沼平野・谷川連峰(谷川岳)・巻機連峰(まきはたれんぽう・巻機山)・大峰山などを眺めることができます。湯沢高原パノラマパークには長さ約706メートルのサマーボブスレー706・マウンテンゴーカート・ジップラインアドベンチャーなどの遊具があります。湯沢高原パノラマパークには周辺にモミジ・カエデ・ブナ・ナナカマド・ヤマボウシ・ヤマブドウ・レンゲツツジ・ベニチガヤ・イタヤカエデ・シラカバなどが分布しています。なお湯沢高原パノラマパーク近くには高山植物園アルプの里(ロックガーデン)・レストラン「エーテルワイス」・丸太アスレチック・やまびこリフト・トレッキングコースなどがあります。
湯沢町(ゆざわまち)は新潟県南東部(新潟県南端)に位置しています。湯沢町は単独で南魚沼郡(みなみうおぬまぐん)を構成し、新潟県の南魚沼市・十日町市・津南町、群馬県の中之条町・みなかみ町、長野県の栄村に接しています。湯沢町は群馬県と新潟県の県境にある三国山脈(みくにさんみゃく)北斜面に位置し、谷川連峰や苗場山など2,000メートル級の山々に囲まれ、標高約2,139メートルの白砂山(しらすなやま)を源とする清津川(きよつがわ)と標高約1,977メートルの谷川岳(たにがわだけ)を源とする魚野川(うおのがわ)上流域にあります。湯沢町は冬季に3メートル近い雪に覆われる豪雪地帯で、ノーベル文学賞受賞である川端康成(かわばたやすなり)作の「雪国(ゆきぐに)」の舞台になっています。湯沢町では平安時代末期に高橋半六(高半旅館祖)が越後湯沢温泉を発見したとも言われています。湯沢町は江戸時代に中心地の湯沢が中山道の高崎から分かれて北陸街道の寺泊に至る三国街道沿いの宿場町、湯(温泉)の町として栄えました。湯沢町には越後湯沢温泉だけでなく、神立温泉・貝掛温泉・三国温泉郷(苗場温泉・三国峠温泉)・赤湯温泉や苗場スキー場・かぐらスキー場・神立高原スキー場・岩原スキー場・NASPAスキーガーデン・一本杉スキー場・湯沢高原スキー場などもあります。スキー場は新潟県内で南魚沼市・十日町市と並んで多いと言われています。
*参考・・・湯沢高原パノラマパーク(アクセス・歴史・・・)湯沢高原パノラマパーク(アクセス・歴史・・・)

【湯沢高原パノラマパーク 見どころ・文化財】
湯沢高原パノラマパークの見どころは湯沢高原パノラマパークの紅葉です。湯沢高原パノラマパークの紅葉は例年10月中旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年10月下旬頃~11月上旬頃です。紅葉の見ごろにモミジ・カエデ・ブナ・ナナカマド・ヤマボウシ・ヤマブドウ・レンゲツツジ・ベニチガヤ・イタヤカエデ・シラカバなどが色付きます。紅葉のビュースポットは高山植物園アルプの里ロックガーデン付近です。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【湯沢高原パノラマパーク 連絡先(要確認)】
電話番号・・・025-784-3326(湯沢高原パノラマパーク)

【湯沢高原パノラマパーク 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
新潟紅葉名所・新潟紅葉見ごろ

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る