中尊寺大節分会2/3(日程・時間・・・)

大節分会2018は2018年2月3日に行われます。大節分会2018では先ず本堂で除災招福の護摩祈祷が行われ、その後お撒きの儀が行われます。お撒きの儀では特設舞台で大相撲の関取や厄年の善男・善女などが「福は内、鬼は外」の掛け声とともに高らかに豆をまきます。なお景品が当たる福引き抽券が配布され、お撒きの儀後に抽選会が行われます。

【大節分会2018 日程・時間(要確認)】
大節分会2018は2018年(平成30年)2月3日(土曜日)に行われます。

【大節分会2018・中尊寺 アクセス・マップ】
場所・・・岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202

*JR平泉駅(徒歩約25分)

広告

【大節分会2018 概要】
大節分会2018では先ず本堂で除災招福の護摩祈祷が行われ、その後お撒きの儀(豆まき)が行われます。お撒きの儀では特設舞台で大相撲の関取や厄年の善男・善女などが「福は内、鬼は外」の掛け声とともに高らかに豆をまきます。なお大節分会では景品が当たる福引き抽券が配布され、お撒きの儀後に抽選会が行われます。

11:30分~13:15・・・福引き抽選券配布
13:30~・・・祈祷 
14:30~・・・お撒きの儀(豆まき)
14:45頃~・・・福引き抽選会

参加者・・・北勝富士関(八角部屋)

*参考・・・大節分会2018日程

【大節分会 歴史・簡単概要】
大節分会(だいせつぶんえ)は節分に行われます。節分は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。
*参考・・・大節分会大節分会wikipedia

【中尊寺 歴史・簡単概要】
大節分会が行われる中尊寺(ちゅうそんじ)は起源が明確ではありません。中尊寺は寺伝によると850年(嘉祥3年)に比叡山第3世天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が関山弘台寿院として創建したのが起源とも言われています。その後859年(貞観元年)に第52代・清和天皇から額「中尊寺」を賜ったとも言われています。また中尊寺は1105年(長治2年)に奥州藤原氏初代当主・藤原清衡(ふじわらのきよひら)が東北地方の中心である関山に一基の塔を建て、釈迦如来・多宝如来の並座する多宝寺を建立し、続いて百余体の釈迦如来を安置する釈迦堂を建立したのが起源とも言われています。清衡は釈迦如来によって説かれた法華経に深く帰依し、その平等思想に基づき、11世紀後半に東北で続いた戦乱(前九年の役・後三年の役)で亡くなった生きとし生けるものの霊を敵味方の別なく慰め、「みちのく」と言われる辺境・東北に仏の教えによる平和な理想社会・仏国土を建設する為だったとも言われています。その後1189年(文治5年)に奥州藤原氏が滅亡し、鎌倉時代以降は徐々に衰退し、1337年(建武4年)の火災では金色堂を残して、多くの堂塔・宝物を焼失しました。江戸時代に仙台藩領内となって伊達氏の庇護を受けて堂宇の補修・建立が行われ、1654年(承応3年)に仙台・仙岳院が別当寺になり、1665年(寛文5年)には江戸・寛永寺の末寺となったが、1689年(元禄2年)に俳人・松尾芭蕉が荒廃ぶりを嘆いたと言われています。なお中尊寺は2011年(平成23年)にユネスコの世界遺産に登録されました。
*参考・・・中尊寺・大節分会中尊寺・大節分会wikipedia

【大節分会2018 備考】
*イベント・お祭りなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る