Fukuoka東区花火大会9/10(日程・時間・・・)

Fukuoka東区花火大会2018は情報更新され次第、情報発信します。以下は昨年の情報です。花火は9月10日に行われます。Fukuoka東区花火大会2017では香椎浜の沖合い台船からスターマイン・尺玉・ギントラ・色とりどりの鮮やかな花火など約7,000発の花火が夜空を彩ります。Fukuoka東区花火大会2017ではマリエラディナークルーズも行われます。

●2018年は休止になりました。
*参考・・・東区花火大会実行委員会公式ホームページ

【Fukuoka東区花火大会 日程時間(要確認)】
Fukuoka東区花火大会・・・2017年9月10日(日曜日)19:30~20:30(小雨決行・荒天中止)
●9月9日から9月10日に日程が変更になりました。(facebook参照)
Fukuoka東区花火大会実行委員会facebook

【Fukuoka東区花火大会 会場アクセス・マップ】
場所・・・福岡県福岡市東区・香椎浜海上

*JR香椎駅・西鉄香椎駅
●駐車場なし

広告

【Fukuoka東区花火大会 概要(種類・規模)】
Fukuoka東区花火大会2017では香椎浜の沖合い台船からスターマイン・尺玉・ギントラ・色とりどりの鮮やかな花火など約7,000発の花火が夜空を彩ります。Fukuoka東区花火大会2017ではマリエラディナークルーズも行われます。なおFukuoka東区花火大会2017では募金を募集したり、オフィシャルTシャツなどのグッズを販売したりしています。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。
●尺玉(1尺玉)・・・直径約30センチの10号玉(直径約29.5センチ・重さ約8.5キロ)のこと言います。尺玉は一般的に東京タワーとほぼ同じ高さの約330メートルまで打ち上げられ、直径約320メートルにも広がるそうです。

有料席・・・なし
*参考・・・Fukuoka東区花火大会(時間・観覧席・穴場・・・)Fukuoka東区花火大会(時間・観覧席・穴場・・・)

【Fukuoka東区花火大会 歴史・簡単概要】
Fukuoka東区花火大会(Fukuokaひがしくはなびたいかい)は2017年(平成29年)に第27回目を迎える歴史ある花火大会です。Fukuoka東区花火大会は一般市民からの募金や企業からの協賛・公式グッズの販売により、費用を捻出して行われる全国でも珍しい市民主体の花火大会です。なおFukuoka東区花火大会は東区花火大会実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・Fukuoka東区花火大会Fukuoka東区花火大会wikipedia

【福岡市東区 歴史・簡単概要】
Fukuoka東区花火大会が行われる東区(ひがしく)は福岡市にある7つの行政区(博多区・中央区・南区・西区・城南区・早良区)のひとつです。東区は行政区の中で、最も東側にあり、1番人口が多い区です。ちなみに福岡市は福岡県の西部に位置し、福岡県の県庁所在地です。福岡市は古来から天然の良港で、地理的に中国大陸・朝鮮半島に近いこともあり、飛鳥時代から遣隋使や遣唐使を派遣したり、中国大陸・朝鮮半島と交易したりして発展しました。中世には商人による合議制で治められた日本初の自治都市が形成され、1601年(慶長6年)に黒田氏が福岡城を築城すると城下町として発展しました。なお福岡市は1889年(明治22年)に市制に移行し、1972年(昭和47年)には政令指定都市になりました。
*参考・・・福岡市東区・Fukuoka東区花火大会福岡市東区・Fukuoka東区花火大会wikipedia

【Fukuoka東区花火大会 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る