加古川まつり花火大会8/5(日程・時間・・・)

(最新確認中)加古川まつり花火大会2018は2018年8月5日に行われます。加古川まつり花火大会2018では「“HAPPY!~ぐぅっ?と! SMILE かこがわ~”」をテーマに6号玉・早打花火・仕掛花火・ワイドスターマイン・キャラクター花火など約5,000発の花火が夜空を彩ります。なお加古川まつりではイベントが行われたり、露店が立ち並んだりします。

【加古川まつり花火大会2018 日程時間(要確認)】
加古川まつり花火大会2018・・・2018年8月5日(日曜日)19:30~20:30(荒天中止)

【加古川まつり花火大会2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・兵庫県加古川市・加古川河川敷緑地(加古川バイパス北側)

*JR加古川駅
●駐車場なし、交通規制あり

広告

【加古川まつり花火大会2018 概要(種類・規模)】
加古川まつり花火大会2018では「“HAPPY!~ぐぅっ?と! SMILE かこがわ~”」をテーマに6号玉・早打花火・仕掛花火・ワイドスターマイン・キャラクター花火など約5,000発の花火が夜空を彩ります。加古川まつり花火大会は河川の中央から打ち上げられ、会場周辺のどこからでも見ることができます。なお加古川まつりではイベントが行われたり、露店が立ち並んだりします。
●6号玉・・・直径約17センチ・重さ約2.0キロです。一般的に6号玉は高さ約220メートルまで打ち上げられ、直径約220メートルにも広がるそうです。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・あり
*参考・・・加古川まつり花火大会(時間・観覧席・穴場・・・)

【加古川まつり花火大会 歴史・簡単概要】
加古川まつり(かこがわまつり)は市制施行3周年に当たる1953年(昭和28年)に播州平野を貫流する一級河川・加古川の無限の恩恵に感謝する為に川まつりを行ったのが始まりです。その後1972年(昭和47年)に名称を加古川まつりに改め、時代の流れとともに市民相互の親睦を深め、市の発展を誓う市民まつりに衣替えしたそうです。ました。なお加古川まつり花火大会は東播随一の規模を誇り、夏の風物詩になっています。ちなみに加古川まつり花火大会は第45回目を超える歴史ある花火大会です。
*参考・・・加古川まつり花火大会加古川まつり花火大会wikipedia

【加古川市 歴史・簡単概要】
加古川まつり花火大会が行われる加古川市(かこがわし)は兵庫県の南部(東播磨地方)に位置しています。加古川市は加古川水系の本流で一級河川・加古川下流の播磨平野(はりまへいや)の東部にあり、南部が瀬戸内海の播磨灘(はりまなだ)に面し、周囲を明石市・高砂市・姫路市・加西市・三木市・小野市・播磨町・稲美町に接しています。ちなみに加古川は中国山地東部の標高約962メートルの粟鹿山(あわがやま)を源とする一の瀬川がやがて佐治川(さじがわ)となり、加古川水系の支流で、一級河川・篠山川(ささやまがわ)と合流して加古川となります。加古川市は奈良時代に賀古の駅家(かこのうまや)が置かれ、西国街道筋の宿駅となり、近世には山陽道の宿場町・加古川の河港として栄えました。なお加古川市は1950年(昭和25年)に市制に移行しました。
*参考・・・加古川市・加古川まつり花火大会加古川市・加古川まつり花火大会wikipedia

【加古川まつり花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る