さいたま市花火大会大和田公園会場7/30(日程・時間・・・)

さいたま市花火大会大和田公園会場

さいたま市花火大会大和田公園会場

(最新確認中)さいたま市花火大会大和田公園会場2018は2018年7月30日に行われます。さいたま市花火大会大和田公園会場2018ではさいたま市花火大会のトップとして、早打ち・スターマインなど約5,000発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。露店が立ち並びます。なおさいたま市花火大会は大間木公園会場・岩槻文化公園会場でも行われます。

【さいたま市花火大会大和田公園会場2018 日程時間(要確認)】
さいたま市花火大会大和田公園会場2018・・・2018年7月30日(月曜日)19:30~(荒天延期7月31日)

【さいたま市花火大会大和田公園会場2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・埼玉県さいたま市大宮区・大和田公園周辺

*東武鉄道大宮公園駅・東武鉄道大和田駅
●駐車場なし

広告

【さいたま市花火大会大和田公園会場2018 概要(種類・規模)】
さいたま市花火大会大和田公園会場2018ではさいたま市花火大会のトップとして、早打ち・スターマインなど約5,000発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。さいたま市花火大会大和田公園会場では露店が立ち並びます。なおさいたま市花火大会は大間木公園会場・岩槻文化公園会場でも行われます。
●早打ち・・・数秒間隔で次々に花火を打ち上げることです。
●スターマイン・・・仕掛花火の一種で、速射連発花火のことです。主に2号玉(約6センチ)から4号玉(約14センチ)をいくつも組み合わせて、短時間に速火線を使って大量に連続して打ち上げます。制御にパソコンなどを使う場合、デジタルスターマインなどとも言われます。

有料席・・・未定
*参考・・・さいたま市花火大会大和田公園会場(時間・観覧席・穴場・・・)

【さいたま市花火大会大和田公園会場 歴史・簡単概要】
さいたま市花火大会(さいたましはなびたいかい)はかつて行われていた浦和市花火大会・大宮市花火大会・岩槻市花火大会が起源です。その後1992年(平成4年)から2000年(平成12年)までは浦和市・大宮市・与野市による合同の花火大会が行われ、2001年(平成13年)からは3市合同の花火大会がさいたま市花火大会に改められました。なおさいたま市花火大会は大和田公園会場(大宮地区)・大間木公園会場(浦和地区)・岩槻文化公園会場(岩槻地区) に分かれて行われています。さいたま市花火大会は関東有数の花火大会の一つと言われています。
*参考・・・さいたま市花火大会大和田公園会場さいたま市花火大会大和田公園会場wikipedia

【さいたま市 歴史・簡単概要】
さいたま市花火大会大和田公園会場が行われるさいたま市(さいたまし)は埼玉県の南東部に位置し、埼玉県の県庁所在地です。さいたま市は政令指定都市で、日本国内で9番目に人口が多い都市です。さいたま市は関東一都六県に広がる関東平野の中央部に位置し、関東ローム層によって形成された大宮台地が中央部を貫き、荒川水系の鴻沼川(こうぬまがわ)・芝川や利根川水系の綾瀬川などが流れています。さいたま市は浦和地区が室町時代からの市場町・宿場町で、江戸時代には中山道・日光御成道(にっこうおなりみち)の宿駅として栄えました。大宮地区は古くから武蔵国一宮・氷川神社の門前町で、江戸時代には中山道の宿場町として栄えました。なおさいたま市は2001年(平成13年)に浦和市・大宮市・与野市の合併によって誕生しました。
*参考・・・さいたま市・さいたま市花火大会大和田公園会場さいたま市・さいたま市花火大会大和田公園会場wikipedia

【さいたま市花火大会大和田公園会場2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る