柴又帝釈天節分会2/3(日程・時間・・・)

節分会2018は2018年2月3日に行われます。節分会2018では先ず神猿(かみざる)などのお練行列が行われ、その後帝釈堂で祈願が行われます。祈願終了後、特設舞台で帝釈天の使いとされる神猿と赤鬼・青鬼との節分問答が行われ、その後豆撒きが行われます。ちなみに撒かれる豆袋には当たり券が貼り付けられています。

【節分会2018 日程・時間(要確認)】
節分会2018は2018年(平成30年)2月3日(土曜日)に行われます。

【節分会2018・柴又帝釈天 アクセス・マップ】
場所・・・東京都葛飾区柴又七丁目10番3号

*京成線・柴又駅(徒歩約3分)
*北総公団線・新柴又駅(徒歩約12分)
*JR小岩駅から京成バス・金町行きの場合、柴又帝釈天(徒歩すぐ)
*JR金町駅から京成バス・金町行きの場合、柴又帝釈天(徒歩すぐ)

広告

【節分会2018 概要】
節分会2018では先ず神猿(かみざる)などのお練行列が行われ、その後帝釈堂で祈願が行われます。祈願終了後、特設舞台で帝釈天の使いとされる神猿と赤鬼・青鬼との節分問答が行われ、その後豆撒きが行われます。ちなみに撒かれる豆袋には当たり券が貼り付けられています。

豆まき式・・・14:00~・15:00~

*参考・・・節分会2018スケジュール

【節分会 歴史・簡単概要】
節分会(せつぶんえ)は節分に行われます。節分は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。
*参考・・・節分会節分会wikipedia

【柴又帝釈天 歴史・簡単概要】
節分会が行われる柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)・題経寺(だいきょうじ)は1629年(寛永6年)に第2代・題経院日栄上人(だいきょういんにちえいしょうにん)が師である千葉下総中山法華経寺(ほけきょうじ)第19世・禅那院日忠上人(ぜんないんにっちゅうしょうにん)を開山として創建しました。その後本堂が荒廃し、1779年(安永8年)庚申(かのえさる)の日に第9代・亨貞院日敬上人(こうていいんにちきょうしょうにん)が本堂を改修した際に梁上から江戸時代中期から一時不明になっていた日蓮宗(法華宗)の宗祖・日蓮聖人親刻と言われる板本尊・帝釈天が見つかり、帝釈天信仰が高まって柴又帝釈天と知られるようになりました。また帝釈天が見つかった日が庚申だったことから帝釈天の縁日は庚申の日とされ、庚申信仰も高まりました。なお柴又帝釈天は小説家・夏目漱石作の「彼岸過迄(ひがんすぎまで)」などの多くの文芸作品に登場し、映画「男はつらいよ(監督・山田洋次)」公開後は主人公・車寅次郎(寅さん・フーテンの寅)ゆかりの寺として全国に知られるようになりました。
*参考・・・柴又帝釈天・節分会柴又帝釈天・節分会wikipedia

【節分会2018 備考】
*イベント・お祭りなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

広告

広告

ページ上部へ戻る