新田の桜(桜見ごろ2021早め・・・)岐阜桜名所

新田の桜

新田の桜(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。新田の桜は岐阜の桜名所です。新田の桜の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。新田の桜は樹齢500年で、エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)とも、コヒガンザクラ(小彼岸桜)とも言われる巨木です。新田の桜は樹高約25メートル・幹周囲4.5メートルです。新田の桜ではライトアップが行われています。(要確認)

【新田の桜 アクセスマップ】
場所・・・岐阜県恵那市上矢作町本郷

【新田の桜 アクセス・交通】
*中央自動車道恵那IC(車約40分)

【新田の桜 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【新田の桜 時間(要確認)】
6:00~21:00

【新田の桜 料金(要確認)】

広告

【新田の桜 歴史・簡単概要】
新田の桜(しんでんのさくら)は岐阜県恵那市上矢作町本郷にあります。新田の桜は樹齢500年で、エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)とも、コヒガンザクラ(小彼岸桜)とも言われる巨木です。エドヒガンザクラは日本に自生する桜の野生種です。エドヒガンザクラの名称は春の彼岸(3月中旬頃~下旬頃)頃に花を咲かせることに由来し、ソメイヨシノ(染井吉野)よりも少し早く花を咲かせます。エドヒガンザクラは桜の中でヤマザクラ(山桜)とともに長寿種で、いずれも日本三大巨桜に数えられる樹齢2,000年を超えるとも言われる神代桜(じんだいざくら)や樹齢1,500年を超えるとも言われる淡墨桜(うすずみざくら)などがあります。コヒガンザクラはエドヒガンザクラとマメザクラ(豆桜)の交雑種と考えられています。コヒガンザクラの名称はエドヒガンザクラと同じように春の彼岸(3月中旬頃~下旬頃)頃に花を咲かせることに由来しています。新田の桜は樹高約25メートル・幹周囲4.5メートルです。新田の桜は伊勢湾台風で2本の太い幹が途中で折れたが、一切支柱などがなく、自然のまま自立しています。新田の桜周辺には子孫桜など約20本の桜の木も植えられています。新田の桜は個人が所有し、所有者のご好意で見物することが可能になっています。見物できる時間などに配慮が呼び掛けられています。なお新田の桜は飛騨・美濃さくら33選に選ばれています。
恵那市(えなし)は岐阜県南東部に位置しています。恵那市は岐阜県の中津川市・瑞浪市・白川町・八百津町、長野県の根羽村・平谷村、愛知県の豊田市に接しています。恵那市は長野県木曽郡木祖村にある標高約2,446メートルの鉢盛山(はちもりやま)南方を源とし、長良川(ながらがわ)・揖斐川(いびがわ)とともに木曽三川(きそさんせん)と言われる木曽川水系の本流で一級河川・木曽川(きそがわ)中流域と岐阜県恵那地方などにある美濃三河高原(みのみかわこうげん)に広がり、木曽川・阿木川(あぎがわ)・中野方川(なかのほがわ)・矢作川(やはぎがわ)・上村川(かみむらがわ)・庄内川(しょうないがわ・土岐川(ときがわ))・小里川(おりがわ)などが流れています。恵那市は古くは東山道の宿駅が置かれ、江戸時代には中山道の宿場町として栄えました。明治時代に製糸業が発達しました。恵那市には大正時代のモダンな町並みが残り、博物館・資料館・郵便局などが整備されて日本大正村となっています。
*参考・・・新田の桜(アクセス・歴史・・・)新田の桜(アクセス・歴史・・・)

【新田の桜 見どころ・文化財】
新田の桜の見どころは新田の桜です。新田の桜の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)ちなみに標準木が5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【新田の桜 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0573-47-2111(恵那市役所上矢作振興事務所)

【新田の桜 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
岐阜桜名所・岐阜桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る