曽木公園(紅葉見ごろ・アクセス・・・)・日本紅葉の名所100選

曽木公園

曽木公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。曽木公園は日本紅葉の名所100選に選ばれた紅葉名所です。曽木公園の紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。曽木公園では紅葉が見ごろを迎える毎年11月にライトアップが行われ、ライトアップされた紅葉が大小8つの池の水鏡に「逆さ紅葉」として映し出されます。(要確認)

【曽木公園 アクセスマップ】
場所・・・岐阜県土岐市曽木町

【曽木公園 アクセス・交通】
*JR土岐市駅から市民バス

【曽木公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【曽木公園 時間(要確認)】

【曽木公園 料金(要確認)】


【曽木公園 歴史・簡単概要】
曽木公園(そぎこうえん)は岐阜県土岐市にあります。曽木公園は岐阜県と愛知県の県境にあり、曽木温泉(バーデンパークSOGI)に隣接しています。ちなみに曽木温泉(バーデンパークSOGI)は日帰り温泉・室内温泉プール・トレーニングジム・レストラン・エステなどがある日帰り温泉健康増進施設です。曽木公園は土岐川(ときがわ)水系肥田川(ひだがわ)の支流の合流地点に整備された面積約16,300平方メートルの公園です。曽木公園には園内に大小8つの池があります。曽木公園にはモミジ・カエデ・イチョウ・ツガ・ミズキなど約300本の樹木が植えられています。曽木公園では1999年(平成11年)から曽木町の活性化や地域住民の親睦、そして都市住民と農村住民の交流を図る為にライトアップが行われています。2006年(平成18年)からは曽木公園もみじライトアップ実行委員会が中心に運営しているそうです。なお曽木公園は「飛騨・美濃紅葉33選」に選ばれています。
曽木公園がある土岐市曽木町は1889年(明治22年)7月1日に町村制施行により、土岐郡曽木村になりました。その後1955年(昭和30年)2月1日に土岐郡内の曽木村・泉町・駄知町・下石町・妻木町・土岐津町・肥田村・鶴里村が合併して土岐市になりました。土岐市は岐阜県の南東部に位置し、岐阜県の多治見市・瑞浪市・可児市・御嵩町、愛知県の豊田市・瀬戸市に接しています。土岐市はわび茶の完成者で、茶聖とも、茶湯の天下三宗匠とも称される茶人・千利休の弟子で、大名茶人・古田織部の指導で創始された織部焼(おりべやき)発祥の地とされ、美濃焼(みのやき)の生産地です。土岐市は陶磁器用の蛙目 粘土(がえろめねんど) ・木節粘土(きぶしねんど)などが豊富で、古くから窯業が行われていました。ちなみに美濃焼には志野(絵志野・鼠志野・練込志野・赤志野など)・織部(総織部・青織部・鳴海織部・弥七田織部・黒織部・伊賀織部・唐津織部・志野織部など )・黄瀬戸・瀬戸黒などがあります。
*参考・・・曽木公園(アクセス・歴史・・・)曽木公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【曽木公園 見どころ・文化財】
曽木公園の見どころは曽木公園の紅葉です。曽木公園の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃~11月下旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・ドウダンツツジ・イチョウなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【曽木公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0572-52-3001(土岐市曽木支所)

【曽木公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2017年(平成29年)4月
●日本紅葉の名所100選

関連記事

ページ上部へ戻る