岩屋堂公園(紅葉見ごろ・・・)・日本紅葉の名所100選

岩屋堂公園

岩屋堂公園

岩屋堂公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。岩屋堂公園は日本紅葉の名所100選に選ばれた紅葉名所です。岩屋堂公園の紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。岩屋堂公園では紅葉が見ごろを迎える毎年11月にライトアップが行われ、川面に色とりどりの景色が映し出されます。岩屋堂・暁明ヶ滝もライトアップされるそうです。(要確認)

【岩屋堂公園 アクセスマップ】
場所・・・愛知県瀬戸市岩屋町

【岩屋堂公園 アクセス・交通】
*名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から名鉄バス・品野方面行きの場合、品野本町バス停(徒歩約25分)

【岩屋堂公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【岩屋堂公園 時間(要確認)】

【岩屋堂公園 料金(要確認)】

広告

【岩屋堂公園 歴史・簡単概要】
岩屋堂公園(いわやどうこうえん)は愛知県瀬戸市岩屋町にあります。岩屋堂公園は鳥原川の渓谷沿いにあり、奈良時代の僧である行基(ぎょうき・ぎょうぎ)に由来する天然石の祠(ほこら)である岩屋堂・落差約8メートルの暁明ヶ滝(ぎょうみょうがたき)・落差約18メートルの瀬戸大滝(せとおおたき)・奇岩などがあります。ちなみに行基は725年(紳亀2年)にこの地を訪れて草庵を結び、岩窟内で3体の仏像を彫刻して、第45代・聖武天皇の病気平癒を祈願し、薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)を本尊として岩屋山薬師堂を建立しました。小鳥が宝前に木の実を供えたとも言われ、鳥原の地名の由来になったとも言われています。岩屋堂公園では四季を通して、新緑・ホタル・紅葉などを楽しむことができ、バーベキュー・ホタル観賞・天然プール・こども金魚すくい大会・紅葉まつりなどを楽しむことができるそうです。
岩屋堂公園がある瀬戸市は愛知県の北部に位置し、愛知県の名古屋市・春日井市・尾張旭市・豊田市・長久手市、岐阜県の多治見市・土岐市に接しています。瀬戸市は常滑焼(とこなめやき)・越前焼(えちぜんやき)・信楽焼(しがらきやき)・丹波立杭焼(たんばたちくいやき)・備前焼(びぜんやき)とともに日本六古窯(にほんろっこよう)に数えられ、古くから日本有数の陶磁器である瀬戸焼の生産地です。陶磁器を指す瀬戸物(せともの)の名称は地名である瀬戸に由来しています。瀬戸焼は鎌倉時代前期の陶工・加藤景正(かとうかげまさ)が創始者と言われ、瀬戸焼(瀬戸窯)の開祖とされています。江戸時代の文化年間(1804年~1818年)に磁祖とも言われる加藤民吉(かとうたみきち)が佐賀肥前・有田から染付磁器の製法を伝えました。その後旧来の陶器は本業焼、染付焼(瀬戸染付)は新製焼とも言われました。
*参考・・・岩屋堂公園(アクセス・歴史・・・)岩屋堂公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【岩屋堂公園 見どころ・文化財】
岩屋堂公園の見どころは岩屋堂公園の紅葉です。岩屋堂公園の紅葉は例年11月上旬頃から色付き始め、紅葉見ごろは例年11月中旬頃です。紅葉の見ごろにカエデ・イチョウなどが色付きます。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5度~6度になると一気に進むと言われています。紅葉は晴天が続き、湿度が低くて乾燥し、昼夜の寒暖の差が激しいと美しい紅葉が見られる言われています。また夏に気温が高く、雨量が多かった時には秋に美しい紅葉が期待できるそうです。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。

【岩屋堂公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0561-85-2730(瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

【岩屋堂公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
●日本紅葉の名所100選

関連記事

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る