つくみ港まつり納涼花火大会7/15(日程・時間・・・)

(最新確認中)つくみ港まつり納涼花火大会2018は2018年7月15日に行われます。つくみ港まつり納涼花火大会2018ではつくみ港まつりのフィナーレにお絵かき花火・アップテンポな曲にシンクロさせた音楽花火・1尺5寸玉・60連発を含む尺玉100発・クライマックスの大仕掛けなど約6,200発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。

【つくみ港まつり納涼花火大会2018 日程時間(要確認)】
つくみ港まつり納涼花火大会2018・・・2018年7月15日(日曜日)20:00~21:00(小雨決行・荒天順延7月16日)

【つくみ港まつり納涼花火大会2018 会場アクセス・マップ】
場所・・・大分県津久見市・津久見港防波堤

*JR日豊本線・津久見駅
●駐車場あり

広告

【つくみ港まつり納涼花火大会2018 概要(種類・規模)】
つくみ港まつり納涼花火大会2018ではつくみ港まつりのフィナーレにお絵かき花火・アップテンポな曲にシンクロさせた音楽花火・1尺5寸玉・60連発を含む尺玉100発・クライマックスの大仕掛けなど約6,200発(昨年データ)の花火が夜空を彩ります。なおつくみ港まつりでは市民総踊り「ソイヤ!つくみ」・自衛艦一般公開などのイベントも行われます。(要確認)
●尺5寸玉(1尺5寸玉・1尺半玉)・・・直径約45センチの15号玉のこと言います。尺5寸玉は一般的に高さ約450メートルまで打ち上げられ、直径約450メートルにも広がるそうです。
●尺玉(1尺玉)・・・直径約30センチの10号玉(直径約29.5センチ・重さ約8.5キロ)のこと言います。尺玉は一般的に東京タワーとほぼ同じ高さの約330メートルまで打ち上げられ、直径約320メートルにも広がるそうです。

有料席・・・あり
*参考・・・つくみ港まつり納涼花火大会2018(時間・観覧席・穴場・・・)

【つくみ港まつり納涼花火大会 歴史・簡単概要】
つくみ港まつり納涼花火大会(つくみみなとまつりのうりょうはなびたいかい)はつくみ港まつりの一環として行われています。つくみ港まつりは第65回目を超える歴史あるイベントで、津久見市を代表する一大イベントとも言われています。つくみ港まつりでは納涼花火大会以外に市民総踊り「ソイヤ!つくみ」などのイベントも行われています。つくみ港まつり納涼花火大会はつくみ港まつり実行委員会が主催して行われています。
*参考・・・つくみ港まつり納涼花火大会

【津久見市 歴史・簡単概要】
つくみ港まつり納涼花火大会が行われる津久見市(つくみし)は大分県南東部に位置しています。津久見市の地名は中世の津久見浦に由来しています。津久見市は佐伯市・臼杵市に接しています。津久見市は大分県の市の中で最も人口が少ない都市です。津久見市は九州中央部を北東から南西の方向に貫く九州山地東部にある標高約639メートルの彦岳(ひこだけ)・標高約619メートルの姫岳(ひめだけ)・標高約657メートルの胡麻柄山(ごまがらやま)などの標高600メートル前後の古生層山地に囲まれ、東側を豊後水道の一部で、リアス式海岸の一湾である津久見湾に面しています。津久見市は中心市街地である津久見がかつて漁村であったが、1916年(大正5年)に臼杵市(うすきし)と佐伯市(さいきし)を結ぶ佐伯線 (日豊本線) が開通すると江戸時代に臼杵藩の特産であった石灰石の採掘が本格的に始り、翌1917年(大正6年)にセメント工場が操業を開始すると急速に発展しました。ちなみに最大1万トン級の船舶が接岸できる津久見港が1949年(昭和24年)に外国貿易が認められる開港場に指定され、1951年(昭和26年)に重要港湾とされると石灰石・セメントがアジア諸国に輸出されるようになりました。津久見市では周囲の急斜面を利用した温州ミカン・サンクィーン・夏ミカンなどの栽培が盛んに行われ、缶詰工場も造られています。ちなみに尾崎小ミカン先祖木(おざきこミカンせんぞぼく)は平安時代末期の1157年(保元2年)に移植されたとも言われ、国の天然記念物に指定されています。津久見市ではマグロ延縄漁業なども盛んに行われています。なお津久見市は1951年(昭和26年)に市制が施行されました。
*参考・・・津久見市・つくみ港まつり納涼花火大会津久見市・つくみ港まつり納涼花火大会wikipedia

【つくみ港まつり納涼花火大会2018 備考・注意事項】
*花火・イベントなどの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者のサイトなどで確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る