黒磯公園(桜見ごろ2022早め・・・)栃木桜名所

黒磯公園

黒磯公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。黒磯公園は栃木の桜名所です。黒磯公園の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。黒磯公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・サトザクラ(里桜)・ヤエザクラ(八重桜)など約230本の桜の木が桜の木が植えられ、黒磯さくら祭が行われています。(要確認)

【黒磯公園 アクセスマップ】
場所・・・栃木県那須塩原市桜町1-3

【黒磯公園 アクセス・交通】
*JR黒磯駅(徒歩約15分)

【黒磯公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【黒磯公園 時間(要確認)】
自由

【黒磯公園 料金(要確認)】
無料

広告

【黒磯公園 歴史・簡単概要】
黒磯公園(くろいそこうえん)は栃木県那須塩原市桜町にあります。黒磯公園は標高約1,917メートルの那須岳(なすだけ)山麓を源とする那珂川水系の本流で一級河川・那珂川(なかがわ)右岸(西岸)に整備されている那珂川河畔公園に隣接(南側)しています。JR東北本線の黒磯駅西口から北西方向に位置しています。黒磯公園には芝生公園・2013年(平成25年度)に一斉更新された遊具などがあります。黒磯公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・サトザクラ(里桜)・ヤエザクラ(八重桜)など約230本の桜の木が桜の木が植えられています。黒磯公園は栃木県内でも有数の桜の名所、那須塩原市内随一として親しまれています。また黒磯公園北側斜面には約15,000株ものカタクリが植えられたカタクリの群生地があり、桜と同じ時期に見ごろを迎え、ピンクから薄紫の花を咲かせます。更に黒磯公園にはツツジなども植えられています。黒磯公園は隣接する那珂川河畔公園とふれあい橋で結ばれ、ふれあい橋付近からは天気の良い日に那須連山と那珂川を一緒に眺めることができます。螺旋階段(ふれあい橋)の上から眺める景色が絶景とも言われています。なお那珂川河畔公園は1993年(平成5年)に整備され、大池を中心とした日本庭園・家族連れなどが楽しめる子供広場・自由広場などがあります。
那須塩原市(なすしおばらし)は栃木県最北部に位置しています。那須塩原市は栃木県の大田原市・矢板市・日光市・那須町・塩谷町、福島県の南会津町・下郷町・西郷村に接しています。那須塩原市は関東平野北端に位置し、那須野原北西一帯にあり、西部が山岳部になっており、北部を標高約1,917メートルの那須岳(なすだけ)山麓を源とする一級河川・那珂川(なかがわ)、南部を標高約1,460メートルの白倉山(しらくらやま)付近を源とする那珂川(なかがわ)水系の一級河川・箒川(ほうきがわ)が流れています。那須塩原市には縄文時代の槻沢遺跡があり古くから人が住んでいたとも言われています。那須塩原市では平安時代初期の806年(大同元年)に塩原元湯温泉(もとゆおんせん)が発見されたとも言われています。那須塩原市は江戸時代以前、「手にすくう水も無し」と言われるほど那須野が原が広がる不毛の台地だったが、田原藩が大田原用水(蟇沼用水)や山口堀(旧木ノ俣用水)を整備し、1885年(明治18年)に那須疏水が整備されると畑作地帯になり、太平洋戦争後に世界大戦後は水田地帯に変わりました。那須塩原市には塩原温泉郷・板室温泉・三斗小屋温泉・黒磯温泉・西那須野温泉・東那須野温泉などがあります。
*参考・・・黒磯公園(アクセス・歴史・・・)

【黒磯公園 見どころ・文化財】
黒磯公園の見どころは黒磯公園の桜です。黒磯公園の桜見ごろは例年4月上旬頃~4月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【黒磯公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0287-62-7160(那須塩原市役所建設部都市整備課)

【黒磯公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
栃木桜名所・栃木桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る