みゆき公園(桜見ごろ2022早め・・・)山形桜名所

みゆき公園

みゆき公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。みゆき公園は山形の桜名所です。みゆき公園の桜見ごろは例年4月中旬頃~4月下旬頃です。みゆき公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・ヤエザクラ(八重桜)など約200本の桜の木が植えられています。ただイベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)

【みゆき公園 アクセスマップ】
場所・・・山形県上山市北町弁天地内

【みゆき公園 アクセス・交通】
*JR茂吉記念館前駅(徒歩すぐ)

【みゆき公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【みゆき公園 時間(要確認)】
自由

【みゆき公園 料金(要確認)】
無料

広告

【みゆき公園 歴史・簡単概要】
みゆき公園(みゆきこうえん)・御幸公園は山形県上山市北町弁天にあります。みゆき公園は上山市菖蒲にある標高約1,262メートルの冷水山(ひやみずやま)・標高約1,173メートルの舟引山(ふなびきやま)付近を源とする最上川(もがみがわ)水系の一級河川・須川(すかわ)西岸で、東側の須川と西側の山形新幹線・JR奥羽本線に挟まれた位置に整備された公園です。またみゆき公園は精神科医で、アララギの歌人・斎藤茂吉(さいとうもきち)の生地・金瓶村近くにもあります。みゆき公園の名称は1881年(明治14年)に第122代・明治天皇(めいじてんのう)が東北巡幸した際、ここで休んだことに由来し、園内にはその小休所・環翠亭(かんすい)が復元され、明治天皇「行在所」記念碑が建てられています。みゆき公園には斎藤茂吉記念館が建設され、斎藤茂吉自筆の書画や原稿、そしてその生活を伝える遺品などの資料が「茂吉の生涯」・「茂吉の作歌姿勢」・「茂吉とふるさと山形・上山」などのテーマに沿って展示しています。みゆき公園では1979年(昭和54年)に斎藤茂吉が勉強部屋として使っていた神奈川県箱根町強羅の斎藤家別荘離れが移築され、1982年(昭和57年)に斎藤茂吉・伊藤左千夫・島木赤彦の歌碑も建てられました。みゆき公園からは蔵王連峰が一望できます。みゆき公園にはソメイヨシノ(染井吉野)・ヤエザクラ(八重桜)など約200本の桜の木が植えられています。桜と山形新幹線・JR奥羽本線の写真撮影がおすすめです。
上山市(かみのやまし)は山形県南東部に位置しています。上山市の名称は現在の山形に対し、上の山形と言われていたことに由来するとも言われています。上山市は山形県の山形市・南陽市・高畠町、宮城県の川崎町・七ヶ宿町に接しています。上山市は山形県中央東部にある山形盆地南部に位置し、東部に蔵王連峰(ざおうれんぽう)があり、西部に白鷹丘陵(しらたか)に属する丘陵性山地があり、須川・前川・蔵王川などが流れています。上山市は1535年(天文4年)に武衛義忠(ぶえいよしただ・上山義忠(かみのやまよしふさ))が上山城を築城するとその城下町になり、江戸時代には上山藩の城下町・羽州街道の宿場町として栄えました。上山市では室町時代中期の1458年 (長禄2年) に僧・月秀が傷を癒やしている鶴を見て発見したとも言われる鶴脛の湯(つるはぎのゆ)が開湯され、上山温泉(かみのやまおんせん)が山形県の湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)・福島県の東山温泉(ひがしやまおんせん)とともに奥羽三楽郷に数えられました。
*参考・・・みゆき公園(アクセス・歴史・・・)

【みゆき公園 見どころ・文化財】
みゆき公園の見どころはみゆき公園の桜です。みゆき公園の桜見ごろは例年4月中旬頃~4月下旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【みゆき公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・023-672-0839(上山市観光物産協会)

【みゆき公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
山形桜名所・山形桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る