鹿公園(桜見ごろ2022早め・・・)北海道桜名所

鹿公園

鹿公園(アクセス・概要・見どころ・・・)情報を紹介しています。鹿公園は北海道の桜名所です。鹿公園の桜見ごろは例年5月中旬頃です。鹿公園には蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)などの桜の木が植えられています。ただイベント・ライトアップは行われないそうです。(要確認)鹿公園には林を抜ける遊歩道があり、散策しながらお花見ができます。

【鹿公園 アクセスマップ】
場所・・・北海道勇払郡安平町追分白樺2-1

【鹿公園 アクセス・交通】
*JR追分駅(徒歩約10分)

【鹿公園 アクセス・駐車場】
駐車場あり

【鹿公園 時間(要確認)】

【鹿公園 料金(要確認)】

広告

【鹿公園 歴史・簡単概要】
鹿公園(しかこうえん)・安平町鹿公園は北海道勇払郡安平町追分白樺にあります。鹿公園は1902年(明治35年)に日本初の保健保安林(空気の浄化や騒音の緩和に役立ち、生活環境を守る森)に指定された貴重な森に整備された公園です。鹿公園周辺にはサクラ・モミジなどの広葉樹林があり、その中には樹齢150年を超える樹木も生い茂り、野生のエゾシカが生息しています。ちなみにエゾシカエゾシカ(蝦夷鹿)は北海道に生息するニホンジカの亜種で、ニホンジカよりも体格が大きい特徴があります。鹿公園には子どもに人気があるエゾシカの牧場・鯉が泳ぐホタル池・林を抜ける遊歩道・ドッグラン・アスレチック・健康遊具・パークゴルフ場があり、キャンプ場が併設されています。鹿公園ではエゾシカだけでなく、小動物や野鳥、そしてホタルにも出会うことができるそうです。鹿公園には蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)などの桜の木が植えられています。また鹿公園には水芭蕉(例年4月中旬頃~5月上旬頃)・ツツジ(例年5月下旬頃~6月中旬頃)・スイレン(例年7月中旬頃~8月中旬頃)・赤いひまわり(例年7月下旬頃~9月下旬頃)なども植えられ、秋には紅葉も楽しめます。鹿公園では例年8月の第1週土曜日にワイワイ祭りが行われています。(要確認)なお鹿公園キャンプ場ではキャンプだけでなく、バーベキューも楽しめます。
安平町(あびらちょう)は北海道南西部に位置しています。安平町の名称は片側に崖をもつ川を意味するアイヌ語「アラピラペツ」に由来しています。安平町は厚真町(あつまちょう)・むかわ町(むかわちょう)・占冠村(しむかっぷむら)とともに勇払郡(ゆうふつぐん)を構成し、苫小牧市・千歳市・厚真町・由仁町に接しています。安平町は北東部に夕張山地(ゆうばりさんち)に連なる山地がそびえ、南部に勇払平野(ゆうふつへいや)の平地が広がり、その間に馬追丘陵(まおいきゅうりょう)に続く丘陵地が広がり、町域の中央部を安平川が流れています。安平町は北部が内陸性気候で、夏に気温が高く、冬に寒さが厳しくなります。太平洋に近い南部は海洋性気候で、一年を通して温暖です。安平町では1895年(明治28年)に鳥取県民が入植して開拓が始まりました。安平町では1889年(明治22年)に北部の追分に北海道炭鉱鉄道が通ると鉄道の町として栄えました。安平町では古くから酪農が盛んで、日本におけるチーズ発祥の地とも言われています。近年は競走馬の生産が盛んに行われています。安平町では北部の追分で特産のアサヒメロンやアスパラなどの野菜の栽培も行われています。
*参考・・・鹿公園(アクセス・歴史・・・)鹿公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【鹿公園 見どころ・文化財】
鹿公園の見どころは鹿公園の桜です。鹿公園の桜見ごろは例年5月中旬頃です。
桜(染井吉野)は2月1日以降の毎日の最高気温の積算が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。(誤差あり)なお地域によって若干差があるが、開花して5日から1週間ほどで満開になるとも言われています。

【鹿公園 連絡先(要確認)】
電話番号・・・0145-29-7075(安平町役場建設課)

【鹿公園 備考(御朱印・その他・・・)】
最終更新日:2018年(平成30年)4月
北海道桜名所・北海道桜見ごろ

関連記事

世界遺産

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  4. 今帰仁城跡

    今帰仁城跡(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  5. 五箇山合掌造り集落

    五箇山合掌造り集落(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ピックアップ記事

  1. 富士山

    富士山(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  2. 那智滝・那智の滝

    那智滝・那智の滝(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

  3. 玉陵

    玉陵(アクセス・歴史・・・)・世界遺産

ページ上部へ戻る